忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京都八王子市左入町は開発の只中にある。中央自動車道八王子IC、ひよどり山トンネル、八王子バイパス、新滝山街道、道の駅の設置とその様相はどんどん変わっている。
更にイオンモールができる予定であるなど、その用地と思われる場所はかつての里山であったところである。
開発に何が何でも反対というわけではないのだが、矢継ぎ早で文化の継承があまりなされていないようなものは好ましくは映らないと思うのは私だけだろうか。
しかし多くの人が八王子に来て思うことなのではないかと、ずっと思っていたのが当地域の名である「左入」だ。
人によっては適当な名を付けたと思った人もいるのではないか。しかしこれは歴史ある地名なのだ。
古く滝山城下が城下町であった頃に、川越-八王子間を移動してきたものが「左に入って」ゆく場所であったのが名の由来という説があり、なるほどその様子は今の交差点でもあまり変わらない光景であると言える。
その他に地形地名なのではないかとする説もあるようだが、いずれにしても印象的な名ではないだろうか。
当地は尾崎町の新設の際に一部地域を分離したため、現在では東西に二つの左入町域ができ、西の地域は飛地のようになってしまっている。
この西の地域は谷野町に続く谷戸で「馬場谷戸」というのだが、参考資料である「八王子事典」に小字でもあったこの地名が漏れてしまっているのは大変頂けない。
再改訂版が発売される事があれば、ぜひ「馬場谷戸」の項目を追加するように、この場を借りて申し添えさせていただきたい。
さて長くなったが、地名の特徴を見てみると、そもそも地名数が少なく、あまり特徴らしいものが見当たらない。
これは検地帳を始め、旧家文書にアクセスできればあるいはもう少し充実するかもしれない。
なにか情報のある方はご提供いただければ幸いである。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた

「八王子事典(かたくら書店)」「皇国地誌左入村村誌」「新編武蔵国風土記稿」「村明細帳集成」「検地帳集成」

比定不能地名は以下の通り

細田

神明下

堂浄田

東溜

井戸久保

前沢

堰場


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/06 金井民]
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]