忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和西、阿久和東、阿久和南、三ツ境はかつては阿久和村という村の一部であった。
多少複雑だが、現在の泉区新橋町も阿久和村の一部であり、一村をなしていたが、横浜市編入の際と、瀬谷区の新設、泉区の新設などに関わり、阿久和町と新橋町に分かれ、現在に至っていった。
北部を戸塚区阿久和町とし、その後瀬谷区新設の時にこれらは阿久和西、阿久和東、阿久和南、三ツ境として新たに行政区を新設、それぞれ住居表示を行ったものである。
旧村時代にこだわれば新橋町も加えるべきかとも思ったが、区をまたいでわかりづらくなってしまうので、ここは旧阿久和町として区切り、阿久和村北部部分だけをまとめた。
地名特徴は丘陵部を多くもった土地出会ったことを反映し、山の名を地名にしたもの、谷戸名が多くを占めている。
また個人的に非常に共感を覚える地名があることで、その地を早く現地調査したいと強く思う場所の一つでもある。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を活用した
瀬谷区歴史地名ガイドマップ、瀬谷区の歴史、今昔マップon the web、横浜三千分一地形図、横浜じゃん旅行社 散歩の閑人、皇国地誌阿久和村村誌

比定不能地名は特にない


PR
神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町は瀬谷区役所擁する瀬谷区の中心的な町であり、その開発は盛んで町名の示すような二つの橋がかかっていたという昔の農村風景は今からでは想像すら難しい。
しかしこの地は、北部の一部、東野台に編入された部分を中心に丘陵の風景も僅かに残っており、南部と北部のギャップは一つ大きな見どころとなっているといえる。
また大きな街道が貫く地でも有り、昔からの六叉路など交通の要衝としての姿もまた特徴であろう。
地名的な特徴は丘陵地を中心に谷戸名が多く、連雀谷など響きもまた美しい。
街道名を地名にしたものなどもこの地の特徴をよく表しているのではないだろうか。
なお、二ツ橋町は北部一部を除いて住居表示未実施のため、字名は現役と思われる。


地名の拾い上げと比定には以下の資料を参考にした。
瀬谷区歴史地名ガイドマップ、瀬谷区の歴史、横浜三千分一地形図、今昔マップon the web、横浜じゃん旅行社 散歩の閑人、皇国地誌二ツ橋村村誌

比定不能地名は特にない


横浜市瀬谷区宮沢町は南北に和泉川が貫く細長い町域の街である。
旧瀬谷町と旧阿久和町に挟まれた川沿いの低地を中心に、一部の段丘上の台地を持っている。
名前の通り、宮はその鎮守に因むものであろうが、地名にも多く宮をつける物が多く、鎮守を中心に文化が成り立っていたことが伺える場所である。
現在は和泉川沿いの一部を覗いて開発が進み、その過去の風景を残す場所は少ないように思う。
川が流れていたことから関の付く地名、これは堰の転訛と思われるもので、川に関係が深く、また洲崎のような中洲に関係する地名も見られることも地形特徴を地名が物語っているように思う。
なお、宮沢町もすでに住居表示が実施され字は過去のものとなっている。


地名の拾い上げと比定は以下の資料を活用した。
瀬谷区歴史地名ガイドマップ、瀬谷区の歴史、今昔マップon the web、横浜市三千分一地形図、横浜じゃん旅行社 散歩の閑人、皇国地誌宮沢村村誌

比定不能地名は特にない


旧瀬谷村はそもそもは上瀬谷村、下瀬谷村に分かれていたものが合併し、その後周辺地域を合わせ、新瀬谷村となった。
その後戸塚区を経て瀬谷区に独立、合併した周辺の村域を別町区として分け、瀬谷町となった後、その中に多くの新町区を新設し現在に至っているという多少複雑な歴史があるようだ。
このため、旧区界を超えた新町区や、旧字が複数の町区に分かれて合併されたりなど、かつての区割りを追うのはとても難しいものがある。
今回は上瀬谷村、下瀬谷村を併せた旧瀬谷村域の旧地名を比定してみた。
以上の経緯から比定しきれない地名もあるが、なるべく多くのものを集めたつもりである。
なお、瀬谷町は住居表示未実施であり、この町域にある字名は現役のものであるようだが、ただでさえ煩雑な内容になりそうなので、一様にピンの色は同じとしていることをお断りしておきたい。

地名はさほど変わったものはないが、境川流域の低地と台地部からなり、台地に食い込むような極めて長大な谷戸が幾筋もあることが最大の特徴だろう。
中にはそのまま町田市域まで続く前谷戸という非常に長大なものも有り、また低地ゆえの湿田地名も見られるなど、村時代の生活の一端が垣間見られる。
現在でも北部には広い農地が広がり、懐かしさを感じられるが、この農地も谷を埋め平坦化して得られたものであるようで、かつての谷筋が複雑な区割りとして今も残っている。

地名の比定、拾い上げには以下の資料を参考にさせていただいた。
瀬谷区の歴史、横浜市三千分一地形図、今昔マップ on the web、横浜じゃん旅行社散歩の閑人、新編相模国風土記稿、皇国地誌瀬谷村村史、瀬谷区歴史地名ガイドマップ

新資料により大幅に修正を加えた。

比定不能地名は以下のとおり

下谷  

上河地下・・・上河内の南か  

下平池渕 

平池向・・・平池の東か

平池淵  

中平池  

西ノ脇

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]