忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷は鎌倉郡小菅ヶ谷村を元とし、本郷村の大字、戸塚区の大字を経て栄区の大字となった。現在ではほぼ全域住居表示が実施され、小字は過去のものとなったが、ごく一部住居表示未実施の小菅ケ谷町が残存しているので、現役として残る字もあるのだろうが、残部が矮小なため、ここでは同一の稿としてまとめる。
また小菅ケ谷から一部を新規に小山台として分離し、新たに住居表示を実施しているが、この小山台の地名の由来は元の小字「小山」によるものであり、新規の町に昔の地名が残されている。
一方一部地域を柏陽に分離しているが、こちらは柏尾川と陽の光に因むという新しい地名になってしまっている。
村名が表す通り、丘陵部の町域であり、谷と山が多かった為、地名にもその特徴が現れている。
しかしながら谷戸名となると、おそらく地租改正の際に纏められてしまい小字ベースでは現存していない。地元では当稿で比定したものより多くの通称が残っているのではないかと思われるので、ご存じの方がいらっしゃれば、情報の提供をお願いしたい。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡本郷村土地宝典」「今昔マップ」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌小菅ヶ谷村村誌」「横浜三千分の一地形図」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」

比定不能地名は以下の通り
・猪ノ鼻
・青楼橋
・亀井
・ツノガ谷
・寺ノ前
・ミコノ坂
・カクシガ谷
・地蔵ノ前
・宿山

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]