忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[1]  [2
神奈川県横浜市緑区東本郷はかつては本郷村と言って、隣接小机村の本郷であったと言う。その後新治村の大字になり、横浜市編入の際に同名の地区があるため、東本郷と名を変え、住居表示が実施されている。
実はこの地は住居表示以前の字名もかなり大雑把なもので、それぞれ東西南北を冠した耕地というもの4つからなっていた。
しかし地形に目を向けると、多くの谷戸が見受けられ、これらの地名に纏められる以前は多くの地名があったものと考えられる。
そこで少し調査を深めてみたところ、新編武蔵国風土記稿にかつての小名が記録されており、これらの名は今も古老の間では用いられていると言うことが分かった。
一部、不確かなところもあるが、これらの比定にも挑んでみた。
また地元では各集落部を言う呼び方があるそうで、これらも大雑把にその位置を加えてみた。

以下は地名の拾いあげと比定に用いた資料である。深く感謝を添えて。
「新治村地番反別地目入地図」「新編武蔵国風土記稿」「角川地名大辞典」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップon the web」「東本郷地区社会福祉評議会ホームページ」

比定不能地名は特にない




より大きな地図で 東本郷(横浜市)の地名 を表示
PR
神奈川県横浜市緑区青砥町は、二つの川、恩田川と谷本川が交わり、鶴見川となる場所に位置する小さな地区を言う。
かつては青砥村と言い、その後中里村の大字を経て今に至る。
字名は地租改正の際に大きく統合されてしまい、3つに纏められたようだが、かつては多くの名があったと思われる。
青砥は一説には「大戸」の転訛とも言い、大きな囲いとか、防ぐ役割のある地の意味から、産鉄関係地名であるとか、俘囚移配に関係する古い地名であると言った説もあるようだ。
いずれにしても、地名の資料は少なく、情報があればご教授願いたい。

以下は地名の拾いあげと比定の参考資料である。
「中里村地番反別入地図」「新編武蔵国風土記稿」「角川地名大辞典」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップ on the web」

以下は比定不能地名

・河内前
・梅田
・紺屋町
・山城分
・島之山
・落合
・雑色




より大きな地図で 青砥町(横浜市)の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区白山町はかつては下猿山村(しもましらやまむら)と言ったが、隣の上山町同様に、猿が去るに通じるのを嫌がり、鎮守の白山社の名を頂き、現名に改めたのだという。
更にその前は上山町となった旧上猿山村と一村をなし、猿山村と言ったようだが、その後分村し、新治村の大字となり、横浜に編入して今に至る。
名の由来となった鎮守白山社は今でも同地にあり、変わりゆく風景を見守っている。
地名は丘陵部の性格を如実に表す如く、谷戸名が多くを占める。次いで北部の川沿いには耕地名となっているが、開発が進み、住居表示が行われた今、かつての地名と共に、その風景も様変わりしている。
また南部の丘陵部は谷戸地形が残っているものの、開発業者による無認可の盛り土などが問題となり、2014年の台風では土砂災害が起きて、尊い人命が犠牲になってしまうなどした。
やはり丘陵部の開発は、こう言った危険性と隣り合わせで有り、開発を行う側の認識やモラルが問われるばかりでは無く、住む人間として、その土地に対する理解もまた問われている気がしてならない。
基本的には地租改正後の字名を中心に比定を行ったが、新編武蔵國風土記稿を参考に古い小名の比定も行った。比定地は大幅に推測の域を出ないことをご承知の上、ご覧頂ければ幸いである。

地名の比定と拾いあげには以下の資料を参考にしたので、出典として明記したい。
「横浜緑区史(緑区史編集委員会)」「角川日本地名大辞典(角川日本地名大辞典編纂委員会)」「今昔マップ on the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵國風土記稿」

比定不能地名は特にないが、情報が少ないので、お知りの方はご提供頂けると幸いである。




より大きな地図で 白山町(横浜市)の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区上山町は非常に小さな町域の場所である。かつては上猿山村(かみましらやまむら)と言い、ほぼ現在の町域がかつての村域である。
猿が去るに通じるのを嫌い上山と改名したと言う当地は、一本の谷戸だけで校正されていると言っても良いほどに小さい。
緑区を構成する町のかつての村域はそれぞれ小さいという特徴があるが、その中でも抜きん出て当地は小さい。
恐らく分村前は猿山村として一村をなしていたことも原因と思われるが、その為、地名も余り多くはなく、かつ資料が乏しいため、当ブログの比定した場所の中でも、最も少ない地名量となっていると思われる。
基本的には地租改正後の字名のみの比定だが、一部新編武蔵國風土記稿に見られる旧小名の比定も行った。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用させて頂いたので、ご紹介したい。
「横浜緑区史(緑区史編集委員会)」「角川日本地名大辞典(角川日本地名大辞典編纂委員会)」「今昔マップ on the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵國風土記稿」

比定不能地名はないが、情報が少ないためご存じの方はご提供頂きたい。




より大きな地図で 上山町(横浜市)の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区中山町は寺山町や上山町に挟まれた地で、南部は長く大きな谷戸、北部は川沿いに開けた耕地と、丘陵部裾野の集落からなる小さな村域の村であった。
緑区はその名の通り、開発の激しい横浜の丘陵地帯でも多くの緑を残している地ではあるものの、中山町は周りのそれに比べて開発の浸食が早く、多くの地で昔の地名の痕跡をうかがい知るのは難しくなっている。
南部の谷戸は字名としての区域は広く、遠く北部の丘陵部麓まで長細く広がり、川沿い耕地には細かい字名が付けられている。
かつてはもっと多くの字があったことが容易に想像できるが、資料は決して多くないため、今回も地租改正以降の字名までの比定となっている。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、感謝を込めて。
「横浜緑区史(緑区史編集委員会)」「角川日本地名大辞典(角川日本地名大辞典編纂委員会)」「今昔マップ on the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にないが、情報が少ないため、情報をお持ちの方は是非ご提供頂きたい。




より大きな地図で 中山町(横浜市)の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区寺山町は隣の台村町と同じく小さな村域の寺山村という村であった。
寺領か何かであったのだろうか、寺山の名を持つ村は多摩丘陵の起伏の激しい地形を今に残している。
開発進む横浜にあって、この地も南の多くの地が四季の森公園として整備され、多くの谷戸や里山の自然が残された貴重な地となっている。
ただ一言言えば、新治市民の森が古い地名を残しているのに対し、四季の森公園はそう言った地名を消し去ってしまっており、この点においてはもう少し文化継承の意義を大切にして欲しいと思う。
尚、地名資料が少なく、地租改正後の字名までの比定となっており、より多くの資料が見つかった場合、更に追記していくこととしたい。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用させて頂いたので、ここに紹介したい。
「横浜緑区史(緑区史編集委員会)」「角川日本地名大辞典(角川日本地名大辞典編纂委員会)」「今昔マップ on the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名はないが、資料が少ないので、情報をお持ちの方は是非ご教授頂きたい。




より大きな地図で 寺山町の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区台村町と森の台はそもそも臺村という小さな村であった。
これが新治村の大字になり村の字を失って「大字臺」となり、その後台村町となった後、一部を森の台として切り離した。
台村町は住居表示は未実施なので、小字はすべて現役のものだろう。
もともと非常に小さな村であった上に、地名資料が乏しく地租改正後の字までの比定しか出来なかったが、村域は大きく三つの谷戸と僅かな川沿いの平地からなっており、それぞれの谷戸は長大で支谷も多く、おそらくかつてはそのそれぞれにも名が付いていたものと思われる。
この辺りは資料が見つかった時に比定することとして、一先ず小字までの状態で公開することとしたい。

地名の比定と拾いあげには以下の資料を活用したので、謝意を添えて。
「横浜緑区史(緑区史編集委員会)」「角川日本地名大辞典(角川日本地名大辞典編纂委員会)」「今昔マップ on the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名はないが、地名資料が乏しく、資料や情報の提供を頂きたい。




より大きな地図で 台村町、森の台の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区三保町はかつては久保村という山間の寒村であった。
その後榎下村などと合併し新治村となり、また後に名を三保町と改め現在に至る。
旧村名が表すとおり、その村域は多摩丘陵のただ中にあり、丘陵部と谷戸地が村域のほとんど占めていた。
現在でも北の一部と中央部こそ開発が入ったものの、村域の多くがかつての原風景を残している数少ない地であり、これは三保市民の森と隣接の新治市民の森という二つの大きな里山公園として保護されたことが大きい。
横浜の原風景とは谷戸であるという意見もあり、そういう意味ではこの地は横浜市域にあって最もその風景を物語る地区の一つと言えるだろう。
地名に目を移すと、地租改正の際に大きく字名を変えていることが特徴としてあげられる。そもそも明治期以前の地名はより具体的にその地形を物語るものが多かったが、これらが纏められ方角を付した谷戸名にその多くが纏められ、やや文化伝承が途絶えてしまった感もある。
ただ地租改正以前の字名は全く失われたかと言えばそうでは無く、その多くが地元の方々の間で、地区名の通称として生き残っているようである。
こう言った古い地名も出来る限り比定に努めたが、字地書上に見られる地名までが限度となり、慶安元年名寄帳にある地名までは踏み込めなかった。
いずれにしてもその多くは谷戸名であり、この村の地形的特徴をダイレクトに映し出しているものばかりだ。

地名の比定と拾いあげには以下の資料を活用したので、感謝と共にご紹介したい。
「都筑の皇国地誌草稿と字地書上(緑区郷土史研究会)」「わたしたちの町三保(横浜市立三保小学校)」「三保市民の森(横浜市緑政局)」「横浜緑区史(緑区史編集委員会)」「角川日本地名大辞典(角川日本地名大辞典編纂委員会)」

比定不能の地名は以下の通り
・的場
・風吹
・ジャウセン谷
・下屋敷
・坂下三年
・小谷下
・七反目山禰
・稲荷前
・長谷篠峯
・天神下上の原
・天神森
・天神下
・上仙畠
・上仙畠道下
・宮ノ下水口
・宮ノ下三ッ田
・新田下
・宮ノ下ふち
・宮田
・宮の脇
・中之谷原
・藤塚
・龍前



より大きな地図で 三保町の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区小山町は主に恩田川の北岸を中心とした耕地と、北の丘陵麓の集落部とからなる、小さなエリアの町である。町域はかつての小山村の村域をそのままに引き継いでおり、住居表示は行われていないため、字は現役であろうと思う。
村域は丘陵地をほとんど含まないため、当ブログの研究対象地としては外れる部分もあるが、当地並びに東の青砥についても一応範囲として取り扱うこととした。
地名もそれほど多いわけではなく、多くは耕地の名を言うものだが、琵琶首など不思議な地名も見てとれる。また昔は恐らく田の区画ごとに名前があったと思われ、地元ではより多くの通称がまだ使われているかも知れない。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、感謝と共にご紹介をしたい。
「横浜市緑区小山町郷土史稿(岩沢滝蔵)」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップon the web」「マピオン」

比定不能地名は特にない




より大きな地図で 小山町(横浜市)の地名 を表示
神奈川県横浜市緑区西八朔町はそもそもは北八朔町と一村であり、針折郷と名乗っていたものが次第に転嫁し、八朔となり、これが北と西に別れたものであるらしい。
当地は街区の開発も著しいが、山や緑も多く残されており、新旧混交と言った風景となっている。
地名に関しては杉山社に因むや、修験に因むものが多く小名にあるようだが、比定に足る資料が無く、小字単位までがほぼ限界であった。
この辺りは情報が有り次第、追記していく形を採りたい。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用させて頂いた。
「都筑郡中里村地番反別入図」「横浜じゃん旅行社web」「新編武蔵国風土記稿」「灰皿町みっちり7blog内杉山神社研究部分」

比定不能地名は以下の通り
・大明神山・・・杉山社旧座地、現社地の北西3町という
・腰まき・・・北の方にあり。大明神山下だという
・水蔵谷・・・東の方
・坊下・・・仝、大明神山付近であるとも
・四段畑・・・仝
・せん治谷・・・西の方にあり
・いなご原・・・仝
・警固場山
・七瀬
・神輿
・社人坊
・大門跡
・斎戒坂




より大きな地図で 西八朔の地名 を表示
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]