忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
神奈川県川崎市宮前区と高津区にまたがる野川は、野川村という比較的大きな村であった。それ以前は上野川村、下野川村と分かれていたものが、合併して一つの大きな村になったようである。
村域は起伏の大きな丘陵部に位置しており、大きな谷戸が幾筋か貫いていた。
ほとんどの谷戸に名前があった様で、多くは現在でも通称の形で地元の人に用いられているようだが、これらは恐らく古い字名であろうと思う。
現在も町域はすべて住居表示を行っていないが、近年字名は纏められて、現行の字名は「北耕地」「西耕地」「南耕地」「中耕地」「東耕地」という非常に没個性甚だしいものとなってしまっている。
古い地名を見ると、産鉄地名と思われる、かまの谷戸、やかます坂などや、地形地名の類い、そして法螺貝谷という変わったものも見つけられ、その豊かさに驚くばかりだ。
こう言った先人の伝承とも言える地名を没個性のものに変えてしまったり、今後予定されている住居表示で完全に地図上から消し去るのはいかがなものだろうか。
参考資料に使っている「川崎地名辞典」には非常に助けられているが、この本では未詳として比定をしていない地名が幾つかある。
根拠は乏しいが、今回はこれらの地名の比定にも挑んでみた。

以下は本稿執筆に利用した資料である。深く感謝を申し上げたい。
「川崎地名辞典」「角川地名大辞典」「今昔マップ on the web」「google map」

比定不能地名は特にない



PR
川崎市宮前区有馬は横浜境にある地で、現在の鷺沼駅や宮前平駅の主に南側を中心とした村域を持つ有間村という村であった。
有馬の表記は時代で幾分変化しており、江戸期以前は「有馬」でその後「有間」となり明治以降は「有馬」に戻ったのだという。
村域のいくつかは馬絹とかぶり、歴史的にも軍用地接収を経験するなど似通っている。現在は開発著しい地区であり、かつての谷戸や沢の面影はなく、山も一部を除いては残っていないが、宮前区の取り組みとして非常に良いものが、坂の名前に関するもので有り、新旧多くの坂の名前が銘板とともに設置されているのだという。
この地も丘陵地故に非常に坂が多く、そんなところから昔の地名、町の昔が感じられるのは良いことであると思う。
地名傾向は丘陵地の典型的なものではあるが、一部に産鉄関係地名が残っているように思う。出典元では「金クソ」地名を鉄を多く含んだ湧水に関するものだとしているものの、これはスラブを指す語でもあり、多摩丘陵一円を俯瞰して、その多くに産鉄や鍛治に関する歴史があるのはほぼ間違いなく、個人的には産鉄地名と見る方が合点がいく思っている。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、感謝を添えて紹介したい。
「川崎地名辞典(日本地名研究所)」「今昔マップon the web」「マピオン」

比定不能地名は以下の通り
・前野・・・村の北
・下屋敷・・・旧有馬4202



より大きな地図で 有馬の地名 を表示
川崎市宮前区の鷺沼、宮前平などの駅を中心にかつては馬絹村という村があった。現在も地名の一部は引き継がれているものの、大半は新地名となり、街区がひしめく地区になっている。
この地は村域の変遷が複雑で有り、かつ軍用地の接収などもあり、地名資料もその区界を曖昧にしまえしていて、地名の分布も有馬村・土橋村とかぶる部分が多い。
古い地名を見ると、特徴は丘陵部の村に多い典型に当てはまると思う。谷戸、耕地、山といった風景と、地形地名に信仰地名がほとんどで有り、特筆すべきものがあるわけではないが、ひしめく町並にそれらの地名を当てはめてみると、この地の風景が抜本的に変遷した実感がこみ上げる。

地名の拾いあげと比定は以下の資料を活用したので、謝意と共に。
「川崎地名辞典(日本地名研究所)」「今昔マップon the web」「マピオン」

比定不能地名は以下
・高札場・・・字長坂の下にあり
・下神戸・・・村の北
・上神戸・・・乾の方



より大きな地図で 馬絹の地名 を表示
川崎市宮前区土橋はかつて土橋村という村であり、その村域は現在の土橋より広く、宮前平や宮崎となった地の一部も含まれていた。
この地名は川に土橋が架かっていたことに由来することが多く、村域には矢上川が流れていた。
地名の多くは丘陵部の典型的なものであり、多くが谷戸や地形を表すものである中、やはり産鉄と結びつく地名も見つけられる。

地名の拾いあげと比定は以下の資料を参考にした。謝意と共に紹介したい。
「川崎地名辞典(日本地名研究所)」「今昔マップon the web」「マピオン」

比定不能地名は以下の通り
・高札場・・・小名太田前にあり
・大野原・・・村域北より東に係る地
・新宅アラク・・・旧家分家筋のものが開墾した場所



より大きな地図で 土橋(川崎市)の地名 を表示
川崎市宮前区にある平は東名高速が走り、宅地の広がる地域であるが、その中に農地や旧集落の姿の残る場所である。
かつては平村という山間集落で、平瀬川の流域に耕地が、そして四方の丘陵地には多くの谷戸や沢が流れていた。
平村の由来は平地の地形と思いがちだが、丘陵部に位置するため、それは当てはまらない。
実はこの地に住んだ葛山平(くずやまたいら)という人名に由来するのだそうだ。
地名の特徴は丘陵部に典型的なものであるが、特徴的なものは、長尾の項でも登場した別所があることだろう。
古代の産鉄製鉄に絡むとする説もあり、奥羽俘囚の移配に絡むとも言われるこの地名が長尾及び上作延、平と近隣に集中しているのは興味深い。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、感謝と共に。
「川崎地名辞典(日本地名研究所)」「今昔マップon the web」

比定不能地名は以下の通り
・水車・・・旧地番で平1074辺りだという
・葛山平屋敷跡・・・旧地番で平35辺りだという。
・かんゑき山・・・竹の沢の西にあり
この他、旧地番と新地番の対照表が手元にないので、比定の誤りがあるかも知れない。




より大きな地図で 平(川崎市)の地名 を表示
川崎市宮前区菅生、犬蔵、初山はかつて下菅生村と呼ばれる山間の村だった。山が多く、その間にはいくつもの谷戸が刻まれる典型的な多摩丘陵の村であったが、米軍の接収、ゴルフ場開発、住宅造成また東名高速の敷設等でその光景は変貌した。
地名に目を向けてもそのことを裏付ける、丘陵部地名が多く、多くの谷戸の名に当時の姿を想像してしまう。数少ない残された場所である「飛森谷戸」は貴重な風景を残しており、さながら別世界の光景を今に伝えている。
地名の広い上げと比定には以下の資料を参考にした。謝意を申し添えたい。
「川崎地名辞典」「住居表示新旧対照地図」「今昔マップon the web」
以下の地名は比定不能であった。
・カンタ屋敷・・・菅生759番地(ゴルフ場内につき不明)
・新屋敷・・・もう一つの高札場があったという場所だが不明



より大きな地図で 菅生・犬蔵の地名 を表示
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]