忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[1]  [2
神奈川県横浜市港北区菊名は新横浜付近の南北に長細い町域を持つ地区である。
新横浜ということもあり、開発の盛んな地域で、当然住居表示済みであることから、各地名はすべて過去のものとなっている。
現在は開発の進んだ菊名であるが、その名のおこりは地形地名であるという。「ククナ」の転訛で有り、谷戸地形を表すものだと言う。
また他の説では「葛名」だったものを菊の咲き誇る地ということで、「菊名」に改めたものだとも言うが、どうもこれは怪しい説である。
地形を見ると、川岸の丘陵地と言うことからやはり前者の方がしっくりくるように思う。
各小地名に目を移すとやはりこれらの地形的特徴が地名となっているものが多いように感じる。まず目に付くのは谷戸地名の多さである。南北に延びる丘陵地に東へ入り込む谷戸が刻まれ、それらには法隆寺谷、原谷などそれぞれの名前がある。
いつの時代か定かで鼻井が、恐らく昭和中期頃に小字の合併があった様で、更に大きな区分の字に纏められた痕跡があるが、今回はそれ以前の資料に恵まれたこともあって比較的多くの地名が拾えた。
また新編武蔵国風土記稿にある旧小名についても比定を行った。

地名の比定には以下の資料を用いたので、出典をご紹介したい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



PR
神奈川県横浜市港北区大豆戸町は鳥山川と鶴見川の合流付近東側の、丘陵地と丘陵地の間の低地にある地区である。横浜を代表する難読地名とも言われ、その読みは「まめどちょう」である。
この村名の由来はやはり諸説ある様だが、現在有力なものは元々「真間処(ままど)」と言ったものが転訛し「まめど」になり、豆と言えば大豆を意味することから「大豆戸」と書くようになった言うものである。そもそもの「真間処」は地形を表す地名語で窪地を意味する様だ。
また、大豆の産地であったとか、大豆を奉納していたことを由来とするものもあるが、これらはいまいちしっくりこない。
菊池-柴田説によれば、これも産鉄地名の一種であり、塞戸と同じような意味で、産鉄地、製鉄地を囲ったことの名残とするものもある。
当地は住居表示未実施の為、小字は現役のものとなるが、各地名に目を移すと地形由来の地名が多いように思う。丘陵地には安山や羽黒と言った地形由来のもの、低地部には下土腐など湿田で会ったことを伝えるものがそれだ。
また、旧小名の比定にも挑んでみたが、これらには反町など焼畑地名とおぼしきものも見受けられた。

地名の比定には以下の資料を活用したので、深く感謝を添えてご紹介したい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「角川地名大辞典」「港北百話」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「wikipedia」「google map」「はまれぽ」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区師岡町は樽町の更に南の丘陵地に位置する地区である。多くの谷戸と里山に囲まれた地区で、現在でも緑多く起伏に富んだ地域となっている。
師岡村、更に古くは師岡郷と言ったが、師岡の地名は古くから変わっていないようだ。この村名も明らかにその起伏に富んだ地形を言ったものであり、岡の連なる場所の意味があると考えられる。
地名の多くもそれを裏付けるように谷戸名が多く、住居表示未実施の為、小字は現役のものである。
谷戸名の多くは方角を表すもので、ユニークな特徴は見いだせないが、寺家谷などはそもそも寺領であったという歴史を感じさせるものとなっており、古く沢山の坊庵があったことが伝わっており、これらの内幾つかは屋号などに継承されているという。
この辺りは資料が足りず、分かったものは少ないが、修験の場であったと考えると、当地の山深さが感じ取れるようである。
また当地には「のの池」「いの池」という池があり、これらの歴史は古いようだ。またこの池にはそれぞれ少し意味深な伝承が伝えられており、詳しくは各項目を参照されたい。

地名の比定には以下の資料を活用させて頂いたので、この場で御礼を申し上げたい。
「仮製三千分一地形図」「角川地名大辞典」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区樽町は風変わりな地名の町域を持つ、鶴見川南岸に位置する地区である。
名は古く樽村と言っていたようだが、その由来は諸説ある。
新編武蔵国風土記稿などによると、師岡村の熊野社の社領であり、ここに酒を奉納していたことから名がおこったとする説が紹介されているが、多分に疑わしい。
この他には地形由来説として「タル」は滝のことで、段丘を薄いが滝のように流れ下ることを由来とするもの、あるいは「タラ」の転訛とみているものなど、結局の所不明である。
個人的には地形由来か「多良」の転訛から、渡来人関係地名か、産鉄関係地名かと疑っているものの、結論には至っていない。
現在は全域が住居表示済みで小字も過去のものだが、伝わっている地名にもそれほど強く特徴的なものはないように思う。
ただ「樽野谷」という地名は面白い。通常「谷」はその地形から付くもので谷戸地形を指すことが多いが、この地は低地である。
これは恐らく湿地を意味する「ヤ」の音から転訛したもので、深い湿田地帯であったことが伺える地名なのではないかと思う。

地名の拾いあげ、比定には以下の資料を活用したので、感謝と共に。
「仮製三千分一地形図」「角川地名大辞典」「港北歴史地名ガイドマップ」「新編武蔵国風土記稿」「港北百話」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「はまれぽ」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区大倉山は現在はその名で住居表示を行い、丘陵部は数々の公園によって緑が保たれ、低地部は開発の進んだ地になっている。
かつてはその地形からついた村名「太尾村」と言っていたが、これは大倉山のある丘陵部が古代海岸線がこの辺りまで入っていた頃、尾のように突き出た岬であったことに由来すると言う説があるようだ。
その丘陵部は山上で大曾根と分界しているが、多くの緑を残し、また開発が入っては居るものの、谷戸地形を残している点でも貴重な地となっている。
地名にはさほど多くの特徴はないが、実は大倉山は割に新しい呼称であることには驚かされる。大倉山と呼ばれている山はかつては観音山と言い、旧小字でも山の前の地域を観音前と言っていたことにその名残が見受けられる。
特徴的な地名としては町域の北西に旧字牢尻があった。現在も牢尻公園の名に残っているが、これはお隣大曾根の殿谷に笠原氏が城塁があった頃に、この地に牢が置かれたことに由来すると言う。牢地名は多く、籠の転訛で、地形地名だが、なるほどこの地は籠状の谷戸地であるわけではなく、上記の説の方がしっくりくるようである。

地名の比定には以下の資料を用いたので、感謝と共に。
「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「仮製三千分一地形図」「今昔マップon the web」「新編武蔵国風土記稿」「わがまち港北」「お散歩生活blog」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区大曾根、大曽根台はそもそも大曾根村という一村であったものを大曾根町を経て、一部を大曽根台として分割したものである。
ユニークな地形特徴を持つ地であり、鶴見川の南岸、西岸と蛇行部に位置する他、山上で大倉山と分界する北西から南東に連なる棒状の丘陵地北麓を含む起伏のある地である。
現在は上記の経緯から住居表示済みであり、小字も過去のものとなっている。
地名に目を向けると、小字では大きな区分の「~耕地」が幾つか見られるだけで、さしたる特徴はない。しかし、小名、通称にまで目を向けると、山に切れ込む谷戸の名前が多数浮かび上がってくる。
領主に因む地名として殿谷があり、かつて武田氏が住したという武田谷戸など、その地に住んだ人姓を冠した地名の他、やや物騒な通称「盗っ人ヶ谷戸」なる地名が目を引く。
これらの詳細な説明は各項目を参照されたい。

地名の比定には以下の資料を用いたので、ここに感謝とともに紹介したい。
「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「仮製三千分一地形図」「新編武蔵国風土記稿」「わがまち港北」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区の綱島西、綱島東、綱島台の地は、そもそも北綱島村と南綱島村の二村から成る地であった。その後北綱島町、綱島町、南綱島町になるなどして、現在の区割りに至ったという、やや複雑な経緯をたどっている。
現在は全域で住居表示が実施され、小字もすべて廃止されている。
綱島はその地名に島が付くことからも分かるとおり、中央にある丘が島のようであったことを由来とする説がある。
これを裏付けるものかどうかは分からないが、丘以外の低地部はかつて池の様な湿地帯であり、その中にぽつんと島のように綱島台の地があったという。
その後水田地帯となったが、どぶ田も多く、稲作よりも日月桃という桃の栽培が盛んな地であったという。
また、農村の多い多摩丘陵にあって綱島の地は古く商家が多かったとも伝わっており、町域南の橋場という場所には盛り場もあったらしい。
その後昭和期などは綱島温泉としても有名になり、観光地として栄えたこともあったという。
地名に目を向けると、綱島台の中に別所谷という地名が残っている。詳しくは別所耕地の項に書いたのでそちらを参照して頂きたいが、これは菊池-柴田説でいうエミシの移配地と目される地名であることから、古代には産鉄地としての側面もあった様だ。

地名の比定には以下の資料を活用させて頂いた。深く感謝を申し上げたい。
「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「仮製三千分一地形図」「新編武蔵国風土記稿」「角川地名辞典」「今昔マップon the web」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区箕輪町は日吉と日吉本町のただ中にある小さな町域の町である。
かつては箕輪村であったが、村名の由来は定かではないようだ。
地形は北部に丘陵部、南部は低地となっているが、北部の丘陵部も大きく東西に分かれて居ると考えて良いようだ。
現在全域にわたり住居表示が行われており、すべての地名は過去のものとなるが、旧字名だけではなく、それに併せられたと思われる古い地名も地元では通称の形で用いられているようだ。
また新編武蔵国風土記稿にある古い地名についても比定を行ったが、これらは推量の域を出ないものもあるため、ご使用にあたってはご注意頂きたい。

以下は地名の比定に用いた資料の出典である。各著者には深い感謝を申し上げる。
「角川地名大辞典」「港北歴史地名ガイドブック」「港北百話」「今昔マップon the web」「仮製三千分一地形図第一号日吉台」「遺跡ウォーカー」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



神奈川県横浜市港北区日吉本町は現在全域で住居表示が行われ、日吉駅を中心に開発も進む地であるが、かつては複雑な谷戸地形と南部の湿地帯によって構成される農村であった。
また、現在は日吉本町の名であるが、元々は駒林村と言う名であったことも忘れてはならない。更に言えばこの村は上駒林村、中駒林村、下駒林村に分かれていたようだ。
駒の名前は馬に関係するもので、古く牧があった場所なのではないかとも言う。
地名の特徴は北部丘陵地は谷戸名が多く、また修験、寺社に因む地名が多く見られるのが特徴と言えるだろう。かつては修験が住み、多くの堂が構えられていたことが伺える。
また南部はかつては一面池のような底無しの湿地帯であり、鯛ヶ崎と呼ばれる丘は、その池の中にぽつんと浮かぶ島のようだったと伝わっている。
その後水田が開かれたが、これらはいずれも深い湿田、所謂どぶ田であった様で、通称地名の「おこんどぶ」等はこれを強くうかがわせるものとなっている。
今回の比定では旧小名の比定も行ったが、これらの精度は今ひとつのものもあるので、ご注意されたい。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、感謝と共にご紹介したい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「角川地名大辞典」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「wikipedia」「google map」

比定不能地名は以下の通り
・常念坊



神奈川県横浜市港北区日吉は川崎市境に位置する町域を持ち、その町域に大きな面積を占める慶應義塾大学日吉キャンパスが印象的な地である。
この地はかつては駒ヶ橋村という純農村であり、その村域の北部は丘陵地、南部に低地の湿地帯をもつものであったが、近年の開発で昔の姿はどんどん少なくなって来ている。
先述の大学キャンパス内では蝮谷と呼ばれる谷を中心として、その自然の保護整備に力を入れてる方々がおられ、大変有意義な活動をされておられるようである。
このような観点から今回の比定には、同キャンパス内の各地に付けられた通称も盛り込むと同時に、新しい通称、俗称も取り入れてみた。
同時に古い小名の比定も行っており、精度は保証できないが、かなりの地名量を掘り起こすことが出来たのではないかと思う。
地名にはその地形、地勢によるものが多く見られ、丘陵地には欠山のような崖地名、崩落危険地名があったり、低地部には矢上、袋河岸など、川の曲流や湿地帯由来の地名が見られる。
こう言った崖地名、湿地地名は現代においても崖崩れや、液状化などの災害リスク地名として捉えることも出来、その意味では古代人のハザードマップと言えよう。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用させて頂いたので、この場にて感謝を申し上げたい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「今昔マップon the web」「日吉の森野鳥季候Vol43」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「wikipedia」「google map」

比定不能地名は特にない



カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]