忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市栄区本郷台は新しくできた行政区画である。
現在では多くの住宅がひしめき、ベッドタウンとしての機能を果たす当地だが、そもそもは鎌倉郡飯島村、同小菅ケ谷村の一部地域にそのルーツが有る。飯島村はその後豊田村の大字となり、小菅ケ谷村は本郷村の大字となった後、両村ともに戸塚区編入時に同区の大字、戸塚区より栄区分区の際に同区の大字となった後、それぞれから一部地域を分離し、新たに住居表示を実施したのが本郷台である。
もともとは山奥の地域だったところなので、それとわかる地名が多く、山や、谷を表すものが多い。
この中でも特筆すべきものとして、飯島村の一部であった場所の「夫ころし」が挙げられよう。
夫を殺すと書く物騒な地名で、都市伝説めいたものが語られそうであるが、地名解釈としては読みに着目すべきだろう。
つまり「ふころし」という音を考え、また小さな谷間の地名であることと併せてみると、恐らくは「吹き下ろし」の転訛ではないかと思える。吹き下ろしということから風にちなむ地名と考えられ、山間の僻地で風の強い谷であったのではないかと類推することができるようになる。
このように地名を考えるときはまず音に着目することが良いのではないかと、改めて気が付かされる良い例であるように思う。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡豊田村地番反別入図(横浜市史資料室蔵)」「鎌倉郡本郷村土地宝典」「今昔マップ」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌飯島村村誌」「皇国地誌小菅ケ谷村村誌」「横浜三千分の一地形図」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」

比定不能地名は特にない


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]