忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226
現在の横浜市旭区中希望が丘、南希望が丘、東希望が丘、さちが丘、善部町、中尾、中沢、本村町、四季美台、本宿町、南本宿町、大池町、万騎が原、柏町にあたる場所はかつては二俣川村という村であった。
現在の旭区の大半を占める大きな村であり、この中にはそれぞれ講中が置かれ、今の大字のように機能していたようだ。
春ノ木、上、下、谷戸、日影、原、蔵屋敷、上村上、上村中、上村下、下村上、下村下、又口、これに加えて善部谷(上善部、下善部)や中尾、榛ヶ谷、本宿、本村、密経新田、二俣川新田などといった地域名も加わって、大きな村の中には様々な区分けで小さな村が置かれているような状態だった。
現在でもこれらの講中は自治会名などに名前を残しており、古くからの繋がりが生きているようである。
かつての二俣川村内には小高新田の飛地が非常に多く、これらも今回は同時に扱った。小高新田は密経新田と古く呼ばれていたようで、この名が残る場所も多い。
その後、小高新田、三反田村、今井村、市野澤村と合併し大きな二俣川村となり、その後横浜市に編入、旭区分区の際に同区の地域になって行った。
この中に新たに上記のような新しい町が分離していき今の形となっている。
地名は山間部には谷地名が多くみられるものの、実際にはもっと多くの谷があり、これらにも古い字や通称があると思われるが詳しいことは分からなかった。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用した
「旭区郷土史」「わが街万騎が原」「横浜三千分の一地形図」「今昔マップon the web」「新編武蔵国風土記稿」「google map」

比定不能地名は以下の通り

小田、本宿南の方

弥八郎場、善部北の方

浄運山、善部東南の方

ドウマン谷、榛ヶ谷南の方

横谷、榛ヶ谷西の方

宮津、二俣川又口より南


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]