忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在の鍛冶ケ谷はもともと鎌倉郡鍛冶ケ谷村という犬牙な地形に二筋の大きな谷を中心とした村であった。これが本郷村に合併され同村の大字となり、戸塚区編入で同区の大字、栄区分区で同区の大字となった後、住居表示を実施し、鍛冶ケ谷となる。
しかし現在でも一部は住居表示未実施の鍛冶ケ谷町が残り、おそらく字西谷は現役の字だろうと思われる。
また旧村域のうち一部地域は港南区に編入となっているが、本稿では旧鍛冶ケ谷町の町域すべてを扱うこととする。
さらに町域の一部を柏陽に分離している。
当地は東谷と西谷という大きな二つの谷と、それぞれの谷の周囲に有る丘陵部、さらに南部の川沿い低地からなっており、その地形が示す通り、山の地名と谷の地名が大変多い。
当地の比定には旧家文書が扱えたことで、地租改正前の字名にまで遡り比定ができたことはたいへん大きな意義が有り、先立って研究された方々に敬意を表する次第である。
地名にそれほど大きな特徴はないが、谷を示す地名に「谷(やと)」「久保」「海戸」が見られることが面白い。海戸は垣内の転訛で厳密には谷地名ではないが、同じような谷であってもその用途などに応じ、古の人がそれぞれを違う言葉で言い表したのはとても興味深い点だ。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡本郷村土地宝典」「小岩井家文書」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌鍛冶ケ谷村村誌」「今昔マップ」「横浜三千分の一地形図」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」

比定不能地名は特にない


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]