忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

縁あって八王子市とあきる野市にまたがる加住丘陵の地名を調査する機会があり、せっかくなので加住丘陵の地名全体を網羅してみようと、一旦多摩丘陵の研究を休止して数日間集中的に比定作業を行ったので、徐々に発表してい行こうと思う。
八王子市小宮町はもともとは粟ノ洲村と称する小村であり、加住丘陵の東端に位置している。
これより東は日野台地となり、丘陵地と言えるのはぎりぎりこの地域までと言える。
調査できた地名は旧小字程度までではあるが、特徴的な地名はあまりなく、標高も下がっている当地は平地地名が目立つ。
その中にひとつだけ「谷田」の地名が確認でき、低いながらにも谷戸田を作る谷間があったことが伺い知れる。
なお、現在は開発が進みかつての景観を残す場所はほぼ失われていると言えるだろう。
現在の町名「小宮町」は粟ノ洲村他周辺各村が合併し「小宮村」を名乗っていたときの名残である。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「八王子事典(かたくら書店)」「皇国地誌粟之洲村村誌」「新編武蔵国風土記稿」

比定不能地名は以下の通り。

西沢

屋敷之東

屋敷ノ西

東はつれ

上之代



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/06 金井民]
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]