忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京都八王子市石川町は加住丘陵の南側、加住南丘陵の東端に位置しており、これより東は日野大地となっている。
古くは石川村という純農村であり、現在の町域はかつての村域を引き継いでいる。
現在は中央自動車道が通ったことと、同自動車道のPAが置かれていることでその名が知られるが、東海大学附属八王子病院や、石川工業団地などが次々に置かれ、かつてののどかな風景は少なくなっている。
しかしながら当地は各所に生産緑地地区があることや、小さな雑木林が残されたり、かつての谷戸に沿った公園などが作られたことで、新しい町並みの中に上手に懐かしい風景が溶け込んでいると言えるだろう。
また注意深く散策するとまだ多く沢水の湧出が観測できたりなど、見方を変えることで日常の癒やしが得られる地域になっているとも言えるかもしれない。
当地は検地帳記載の地名も比定が進んでおり、地名特徴を見ると多くは「原地」や「原野」を示す地名である。
また谷の地名は「谷ツ」が用いられており、非常に大きな特徴となっていると言えるだろう。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた

「八王子事典(かたくら書店)」「皇国地誌石川村村誌」「新編武蔵国風土記稿」「村明細帳集成」「検地帳集成」「分布に特徴のある神社を考える(web)」

比定不能地名は特にない


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/06 金井民]
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]