忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

横浜市域の比定の途中ではあるが、八王子市に新たに比定地域を増やしたので、
今回はその第一回目として表題の地域の比定を行った。
散田村はかつては山田村とは分かれており、その後山田村が合わさった。
現在は西八王子駅、めじろ台駅を中心に街区の形成が著しく、旧山田村域の一分を残して
昔の雰囲気は薄い。
かつては寺領が多く、村域全体に多くの寺院があり、特に旧山田村域は廣園寺とその塔頭寺院が密集していた。
現在でもその付近は多くの寺院とともに昔の雰囲気も残されている。
まためじろ台の街区の下には谷戸地が幾筋も入っていたが、これらは全て埋められ平地にびっしりと街区が形成された。
地名の特徴としては、この寺領や古い時代の武家所領の名残かと思われる「垣内地名」が非常に多く見られるのを最大の特色としている。
その他は谷戸名や地形地名がその多くを占めている。
現在この地区を歩くと、開発されたとはいえ大きな起伏や古刹が昔の姿を囁くようであり、
また交通のアクセスもよいことから、山田川沿いを歩くのもまた面白いのではないだろうか。

地名の拾い上げと比定には以下の資料活用したので謝意とともにご紹介したい。
「中散田の歴史」(中散田の歴史編さん委員会)「八王子市山田町わが街」(清水正之)「土地っこが綴る散田の歴史」(小浦泰晴)「新編武蔵国風土記稿」「皇国地誌散田村村誌」「今昔マップ on the web」「八王子事典」(かたくら書店)

比定不能地名は以下のとおり
まん所かいと
ひがしかい地下散田
ひがしかい地山ぎわ
まいはた
く年ぞへ
宿うら
下くぼ
ゆの木まへ下かいと
御所水正の目
山ふしぎ
三かと
くまのまえ
三そのを
竹の内つば木の下
かとさき
はしりおち
二谷


PR
八王子市小比企町は未だに多くの耕作地が残るのどかな風景をたたえた場所である。
位置的には多摩丘陵派出の尾根が伸び、その尾根と尾根下、湯殿川沿いにあたり、一部は後年緑町として分離している。この尾根は多摩丘陵派出の支線として「小比企丘陵」とも呼び、更に山田川北を「散田丘陵」、南岸を「子安丘陵」と呼ぶようだ。
本稿では緑町分も含め、旧小比企村村域の地名を集めてみた。
小比企の由来はその音が示すとおり「木挽き」であり、林業、炭焼き、農耕が主たる産業であったことを伝える地名である。
上述の通り、今でものどかな風景の残る地ではあるが、緑町分などはすでに街区が形成されており、徐々に風景に変化が出てきているのもまた事実である。
地名にはさして特殊なものはないが、やはり古代の産鉄関係地名とおぼしきものや、かつての炭焼きに由来するものなどが見てとれる。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、謝意を申し添えたい。
「八王子事典(かたくら書店)」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップon the web」

比定不能地名は特にない

※「白旗」の地名解釈を情報提供により加筆しました。



より大きな地図で 小比企町・緑町(八王子市)の地名 を表示
片倉は元々多摩丘陵奥の農村で、御殿峠、杉山峠の大きな峠を南に要し、村域は多くの里山、谷戸からなっていた。北部は川沿いの田畑で、そこには廃寺となった来光寺の名を残す字もあった。
しかし片倉台、北野台等の造成が入り、山は無残に切られ、谷は埋められて見る影もなくなってしまったのは非常に残念である。
のどかな雰囲気を残していた西部も、八王子みなみ野シティの造成で区画が大きく変わり、新たにできた西片倉なる地域になり、モダンな町が歴史を蹂躙してしまった。
多摩丘陵の農村の現代の姿に標準モデルがあるとしたら、当地はその典型に当てはまるのかもしれない。
そんな片倉の地名を少ない資料から拾ってみた。谷戸名に関しては細かいものまで調べられたが、多くの地名が名前だけの列挙に終わっているため、極めて乏しい手がかりを使って推定したため、非常に正確さに欠けるものとなっている。
このあたりは資料の限界も大きいので、地元での聞き取りを行わなければこれ以上は進まないだろう。今回の公開はあくまで暫定公開としたい。聞き取りの結果、非低地が大幅に変更される可能性が大いにあるので使用に当たってはご注意されたい。
地名の拾い上げ、比定には以下の資料を参考にしたので、ここに謝意を表したい。
「八王子事典(かたくら書店)」「みなみ野シティのルーツ 宇津貫・片倉 谷戸のくらし(宇津貫みどりの会)」「片倉物語(川端一郎)」「片倉物語 続(川端一郎)」「八王子片倉台の地誌(馬場喜信)」「今昔マップon web」「国土変遷アーカイブ」
比定不能地名はないが以下の地名は根拠に乏しい
●釜貫地区
ももんがー谷戸
十二匁
猿田
馬捨場
●車石地区
ねんぬき谷戸
小谷戸
大杉谷戸
ムジナ谷戸
●御殿山地区
そ馬捨場
笹谷戸
長窪
じい田谷戸



より大きな地図で 片倉(八王子市)の地名 を表示
八王子市大塚は多摩市の和田境にあり、さらに南は同じく多摩市の落合境という場所にある。かつては南北を丘陵に挟まれ、幾筋もの谷戸を開墾し農業や養蚕を行う農村であったが、南部はニュータウン区域となり鹿島、松が谷と造成され一大ベットタウンとなり、谷戸や里山の姿は消えてなくなった。北部の一部には懐かしい光景を残す場所もあるが、なかなか今から想像するのは難しい。
地名に目を移すとそれぞれの谷戸に名前を持ち、望地、梶川を始め、日暮などという地名があるなどした。北部丘陵にはかつての産鉄関係地名と思われる湯沢や吹き付けなどの地名があるなど特徴的である。
比定には以下の資料を用いたので、この場で各執筆者に謝意を示したい。
「皇国地誌 大塚村村誌」「八王子事典(かたくら書店)」「新八王子市史民俗調査報告書第2集八王子東部地域由木の民俗」「多摩ニュータウンの歴史さんぽ道(多摩市文化振興財団)」「大栗川・乞田川(小林宏一)」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」「八王子公園図録」「東京都耐震ポータルサイト」「大塚村絵図」
比定不能の地名は特にない。

追記
村絵図の発見等により地租改正前の小字についても判明し、また比定箇所の誤りも修正できたため、大幅な修正を行った。


八王子市東中野は南北を丘陵に囲まれ、中央を大栗川の作った谷が割る多摩丘陵の農村で有り、天野、谷津入、井戸ノ上の三つの地域でできていた。
各地域はそれぞれ独立の村のような機能を持っており、それぞれが小字であるものの、その中にさらに小字に相当する地名がたくさんあった。
現在は南の丘陵部は多摩ニュータウン区域となり、松が谷の造成で根本的に姿を変え、北の丘陵は一部を残すものの、多摩都市モノレールが貫き、中央大学、明星大学が建設されてこちらも変貌遂げた。
中央の耕地もまたひしめく住宅で埋め尽くされ、かつての面影は谷津入地区の一部にそっと残される程度になってしまったのは実に寂しい限りである。
地名の資料は公的なものこそ少なく、地域の全容をつかむのは難しいが、皇国地誌が残り、谷津入には谷津入地蔵由緒書きがその地名の多くを伝えるなど、地名の保存にあっては地域の尽力がうかがえる。
また特筆すべきは公園、バス停、歩道橋の名前におけるかつての名前の使用が非常に多いことだ。これは南陽台などそういった痕跡をほぼ消し去ってしまった造成地は見習うべき姿であると強く感じる。祖先が語り継いだ地名は文化そのもの、歴史そのもので有り、それを軽んじ安易に消し去るという考えは、明らかに土地への冒涜に他ならないからだ。東中野や隣の大塚のように積極的に名前を残している例は、極めて深い郷土への愛着を感じるすばらしい例ではないだろうか。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を利用した。ここに感謝の意を表したい。
「皇国地誌 東中野村村誌」「八王子事典(かたくら書店)」「新八王子市史民俗調査報告書第2集八王子東部地域由木の民俗」「多摩ニュータウンの歴史さんぽ道(多摩市文化振興財団)」「東中野はわが故郷(小柳鹿蔵)」「大栗川・乞田川(小林宏一)」「谷津入地蔵御由緒書」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」「八王子公園図録」「東京都耐震ポータルサイト」
比定不能地名は以下の通り
●中央部分
田中前・・・用水堀に上堰があった
樋越・・・用水堀に中堰があった

●谷津入地区
先谷戸(せんやと)
白田谷戸
堀田谷戸
梅の木谷戸
川窪沢
老婆沢
瀧坂
傘松
内田・・・用水堀に下堰があった
大縄

・天野地区
芝鶴(しばづる)
中地(ちゅうち)
崩下(びゃくした)
坊坂(ぼうざか)
下袋

・井戸ノ上地区
しょわら


赤坂
しょうぶん
地蔵淵
下(した)
古川
馬捨場



より大きな地図で 東中野の地名 を表示
八王子市別所は多摩丘陵の奥にひっそりとたたずむ小さな寒村であった。それがニュータウン開発で劇的な変貌を遂げ、京王堀之内駅付近には巨大な高層建築が林立し、かつての谷戸はモダンな街路に生まれ変わった。町としての開発は割にきれいな光景をもたらしており、長池公園や蓮生寺公園など一部は昔の自然を残し、節操のない開発は避けられたのかもしれないが、あまりの変貌ぶりに古くからの住人にはそれがどのように映ったのだろうか。
そもそも別所という地名は菊池山哉の説や、柴田弘武の研究に寄れば大和王権による、日本の先住民であるエミシの討伐と、これを捕らえた俘囚を各地に移配した地を言うのだそうで、特に柴田に寄ればこの先住民が持っていた製鉄の技術を欲するところから、別所に移配した俘囚を製鉄に携わらせたのではないかと言う非常に古い地名である。
別所には東光寺が置かれ、薬師堂がおかれることが多いとの研究も有り、この地にも薬師堂があったことが知られており、また村の鎮守の蓮生寺も元は東光寺であった可能性があるのだという。
さて話を知名に移すと、この地は八王子にあって最も地名資料が乏しい地域だと言える。皇国地誌や村明細は残っているものの、それがすべてと言ってもよいほどで、新編武蔵風土記稿などは意図的に避けたと思えるほどに内容が薄い。
八王子市としての資料も最近の由木の民俗の資料が出るまでは、ほぼ皆無であり、また開発後も一部の公園に残された地名以外はほとんど残されておらず、なにやら不可解さすら感じるほどである。
そのわずかな資料にある地名をできる限り纏めて、大幅な推量を含むもののとりあえず形にしてみた。先述の通り文献も少ないので、この地の地名資料としては貴重な情報源となるのではないだろうか。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を利用した。感謝の意を表したい。
「皇国地誌 別所村村誌」「新八王子市史民俗調査報告書第2集八王子東部地域由木の民俗」「多摩ニュータウンの歴史さんぽ道(多摩市文化振興財団)」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」
比定不能の地名は以下の通り。
三反田・・・別所川に三反田堰が架かる
とご・・・別所川にとご堰が架かる
また資料が少なく、各地名の場所比定はほぼ推量によるもので、正確度はかなり低い。
この地の地名についてご存じの方は是非ご連絡、ご協力頂けたらと思う。



より大きな地図で 別所(八王子市)の地名 を表示
八王子市堀之内は大きく北部と南部に分かれており、南部の南堀之内は多摩ニュータウン区域内となり開発が進んだ。対して北部は地元の方のご努力もあり度重なる開発の話にさらされながらも、昔ながらの里山と谷戸田の風景を残している。また、早くから酪農も盛んであり、現在も酪農を営んでいる方もいるなど、この付近では最も昔の多摩を感じられる場所といってよいと思う。
それでも徐々に丘陵は切られ、住宅地が浸食しているが、開発会社もこの地を残すことの意味とご苦労に少しは敬意を持ち、節操のない開発は考え直して頂きたいと切に願うばかりだ。
地名に目を移すと、残念ながら皇国地誌の消失などもあり、資料が非常に少なく、江戸期の小名以外には地元の方の語り継いでいる地名がほぼすべてといった状態であり、拾い上げ比定はかなり難しい。
それでも残存するものから拾った地名を纏めてみたが、やはりこの地に関しては聞き取りを本格的に行わなくてはならないと感じる。
拾い上げと比定には以下の資料を用いた。ここに感謝の意を表したい。
「八王子事典(かたくら書店)」「新編武蔵国風土記稿」「新八王子市史民俗調査報告書第2集八王子東部地域由木の民俗」「多摩ニュータウンの歴史さんぽ道(多摩市文化振興財団)」「南八幡宮 Web」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」
以下の地名は比定に足る資料がなく現在は場所が判然としていない。
・有竹・・・有竹堰が大栗川にかかる
・八段目(八反目)・・・八段目(八反目)堰が大栗川にかかる
・堰山下・・・溜め池がある ほぼ判明


より大きな地図で 堀之内(八王子)の地名 を表示
八王子市松木は越野、由木、別所、南大沢の間にある小さな村で、南大沢から続く太田川の削った谷に田を、その下流部は大栗川に向かって開けるものの、谷の両端は峰に囲まれるという土地柄であったが、近年は開発が進み、丘陵部の一部に緑を残すものの大部分は宅地化されて、それほど目につくようなものもない土地となっている。
しかしこの地には武士の館跡の旧跡が多く、歴史的には重要な意味のある土地であるのは興味深い。
この土地はあまり資料が多くはないのだが、少ない中から地名を抜き出し纏めてみた。
拾い上げと比定には以下の資料を利用した。併せてその執筆者に感謝の意を表したい。
「皇国地誌 松木村誌」「八王子事典(かたくら書店)」「新編武蔵国風土記稿」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」
比定不能の地名は特にないが、以下の地名の場所については推量の域を出ない。
・おかんとう
・内田
・広町
・上
・滝の下



より大きな地図で 松木の地名 を表示
八王子市越野はもしかしたら八王子付近に住んでいても知らない人がいるかもしれない。堀之内、上柚木、松木に囲まれたきわめて小さな地域だが、かつては一村として機能していた。
小地域であるが故、あまり多くの資料が残っていないが、皇国地誌に多くの地名が載っており、これを頼りにさらに古い江戸期の小名を加えて纏めてみた。
昔々の純農村の風景は開発により変わりつつあり、ことに堀之内村と隔てる北の尾根はどんどん削られてしまい、なんだか寂しいものがある。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を使用したので、併せて心より謝意を表するものである。
「八王子事典(かたくら書店)」「新編武蔵國風土記稿」「皇国地誌 越野村村誌」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」
比定不能地名は特にないが、否定の根拠に乏しいものとして以下のものがある。
・川沼
・天水通
・新田



より大きな地図で 越野の地名 を表示
八王子市上柚木、下柚木は互いにその区界が入り組んでおり、双方の地に双方の飛び地がたくさん存在する。これはこの付近の地を巡る歴史を物語っているのだが、地名を起こすにあたりこれを分けるとかえって複雑になると思い、今回は一つに纏めてみた。
この地域は開発も多く行われているが、時折昔の姿を色濃く残した風景があり、今もって散歩のコースとして楽しめる。
下柚木殿ヶ谷戸の山の上には南陽台が造成され、住宅だらけのある種異様な景観を放っているが、元の地名を残すことをほとんど行っていない街作りであり、個人的にこういう開発は好きではない。その一方で自治会名や地元広報誌などで積極的にかつての地名を残し、紹介されているのは本当に心からその取り組みに敬意を表さねばならない。
地名の拾い上げ、比定には以下の資料を用いた。
「八王子事典(かたくら書店)」「皇国地誌 下柚木村村誌」「同 由木村村誌」「しもゆぎだより各号」これらの資料の制作者の皆様には心より感謝と敬意を。
比定不能の地名
蔵郷跡・・・倉郷谷戸にあった
牢場・・・蔵郷跡のそば



より大きな地図で 上柚木、下柚木の地名 を表示
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]