忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
日野市落川は多摩市との境に位置し、区界の変更や都道による分断のほか、他村との共同管理や、かつての入会、新田開発などで非常に飛び地の多い地となっている。
 多摩分けとなった地や複雑な飛び地は少々割愛し、日野市の資料からその地名を纏めてみた。尚、日野分として丘陵地に位置する旧村の地名を纏めてきたが、高幡村及び、浅川北岸、西岸に当たる旧村は丘陵地を含まないので、一部を除き今回は割愛したことを付け加えておく。


より大きな地図で 落川の地名 を表示
PR
日野市百草と言えば、京王百草園である。四季折々の楽しみ方の出来る場所として特に梅ノ時期などは観光客で賑わうが、そもそもその地は松蓮寺というお寺があったのだという。また日野市の歴史を語る上で必ず出て来る真慈悲寺なる名古刹もこの地にあったのでは無いかと言われているなど、丘陵部には寺が多かった。
 現在は平野部をはじめかなり開発の手が入ったとはいえ、まだまだ里山の雰囲気を色濃く残した場所もあり、気軽な散策コースとしても楽しめる地になっている、
 この百草の古い地名を日野市の資料を基に纏めてみた。


より大きな地図で 百草の地名 を表示
日野市三沢はその名の通り、三条の沢が丘陵部より湧きだし、田を潤し、さらに程久保川より堰揚げされた用水堀が良田を作る農村であった。また山間部には山に対する信仰や、蹈鞴師の居住を伝える話など、その生活に水と山が深く関わっていたことを思わせる。
 しかし現在は一部にその姿を止めるものの、大部分はベッドタウンとしての宅地、集合住宅に席巻され、信仰の対象だった山もまたその姿を大きく変えてしまっている。
 この地の地名を日野市の資料から纏めてみた。


より大きな地図で 三沢の地名 を表示
日野市の丘陵部でも浅川面より奥にあたる山深い地区。最近は専ら多摩動物公園のある場所として知られているが、古くから人の集住したちであり、古代の名残を感じさせる地名も見られるなど、歴史の深さを見て取れる。
 また多摩動物公園や、都立七生公園などの整備のお陰で、日野市丘陵部に見られる乱開発とは一線を画した穏やかな光景が今も残る貴重な場所となっている。そういった用地の間隙を縫うように入り込んだ住宅街は、日野市の通例通り非常に節操のない建ち並び方で、これだけの里山が残るこの地区は開発業者から見れば実に口惜しかったのではないだろうか。
 この土地の地名を日野市の資料を基に纏めてみたが、資料上でも表記にゆれがあり比定が難しい地名の多さが伺えるため、少しずつ独自解釈を加えて整理をしたことを付け加えておく。またこの地の谷戸は民家の裏手にあったり、既に荒れて山中の沢に戻ったり、あるいは傾斜がきつかったりと、散策には難易度が高いこともまた注意が必要だ。


より大きな地図で 程久保の地名 を表示
南平はかつて平村と称したが、八王子市に同名の地があり、南平と変えたのだという。この地も隣接の平山村などと同じく、丘陵部と浅川沿岸の耕地によって成り立つ農村であったが、開発によってその姿は風前の灯火ともいえる状況になっている。
 ことに丘陵部の開発はかなり乱暴に山を削り、家を敷き詰めたような印象を受け、まさに住居の絨毯といった様相を呈している。その中に消えた地名には趣深いものも多く、些か残念な気もしてならない。
 そんなこの地の地名を日野市の資料を参考に纏めてみた。平山と同じく、新たに比定ができ次第追加する事もあるかも知れないので、暫定的な公開ということにしようと思う。


より大きな地図で 南平の地名 を表示
日野市の平山地区は現在再開発が進む地区である。かつては丘陵部、浅川沿いの耕地、そして段丘面のハケと呼ばれる地区など、実に起伏に富みそれぞれの場所に地形由来の地名が点在していた。
 しかし丘陵部の大部分は大きく崩され、近隣のそれと同じように節操のない住宅の絨毯が敷き詰められてしまった。ハケ部分は坂こそ多いが早くから開発が行われ、残っていた長閑な耕地も現在再開発によりその姿を失って行っている。
 そんな平山の地名を日野市の資料を基に纏めてみた。同資料には比定が出来なかった地名のリストもあり、かつては更に多くの地名が生きていたのだろうが、これらは既に失われたものとなってしまっている。比定の手助けとなる資料が見つかり次第、個人的にこれらの比定も行ってみようと思う。


より大きな地図で 平山の地名 を表示
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]