忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

稲城市矢野口は東中野と同様に北部は多摩川中州から、南部は丘陵部までを含む縦に長い村域を持つ農村であった。
また平地部には鎌倉街道裏街道が通っており、ここに宿が形成されて行ったのも特徴的である。
宿に絡む地名、古い多摩川の流れからおきた地名、山間部には古代の産鉄関係の名残と思われる地名が点在し、実に特色ある地名を持っている。
平地部は開発が進んだとはいえ、まだ耕地も残り、多くの用水路が走る光景から、昔の姿を想像できるし、丘陵部はひとたび足を踏み入れれば、多摩丘陵の原風景を追体験できる貴重なスポットだったが、南山開発により、矢野口の丘陵部のほぼすべてが街区になってしまうことが決定しており、現在も着々と工事が進められている。
本来次代に語り継ぐべきものは何だったのか。洒落た名前のモダンな街区が先人達の足跡だ等と、本気で胸を張って言えるのだろうか。残念でならない。
地名の拾い上げ、比定には以下の資料を参考にしたので、ここで謝意を表したい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定不能地名は特にない。



より大きな地図で 矢野口の地名 を表示
PR
稲城市東長沼は多摩川中州から南の丘陵部までの非常に細長い村域に、大丸、百村と複雑な境界をなす飛び地とで構成される農村であった。
現在も耕地も多く残り、懐かしい用水路堀の小径なども残るが、南部の南山は開発によって現在の姿は失われることが決定している。
地名には武士の館のあったことと関係するもの、あるいは古多摩川の作った潟に因むと思われるもの、佳字をあてたもの、そして古代の産鉄地と思われるものなどバラエティ豊かで、この地の歴史の深さを感じることが出来る。
南山の開発は残念の一言だが、今後もその土地が培ってきた人々の歩みをここに記録しておきたい。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた。感謝の意を表したい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定府の地名は特にない。



より大きな地図で 東長沼の地名 を表示
稲城市大丸は南多摩駅周辺の再開発なども盛んな地で、いまや稲城市の中心地としての顔を持ち盛んに造成が行われている。
しかし丘陵部の多くの地は米軍のレクリエーション施設となっており、大規模な自然がそのまま残されている。この地はそもそも日本軍の弾薬庫として使われ、その後米軍に接収された経緯を持ち、早くからこの地に住んだものや、耕作をしたものは移動を余儀なくされていたとみられ、地名の記録も比定に揺れが多く、記憶が曖昧になってきているのかもしれない。
米軍用地に関しては、返還の話があり、再三にわたって請求がされているようだが、請求者は稲城市だけで無く、開発業者の名前も見られ、いったん返還されてしまえば一気に開発が進むことは明らかだろう。これだけの多摩丘陵の原風景がそのままになっている地も珍しく、ここが開発されて失われるぐらいなら、いっそ返還されずそのまま米軍用地として、この光景を次代に残してほしいと思ってしまうのは私だけだろうか。同じような経緯を持つ恩田のこどもの国のように、里山と一帯の整備がなされると良いのだろうが、現状の行政のあり方や方向性、市役所に近い稲城の中心部という位置からしても、それは望み薄であろう。
地名に関しても面白いものが多く、特に北部の丘陵には独特の地名が点在していたが、砂採りの歴史、その後の施設建設で根本的に失われてしまったのは、実に惜しい気がしてならない。
歴史を蹂躙するような開発は今すぐやめ、それらと共存でき、かつその土地に愛着の持てるようなあり方へ転換することが、次代への我々の役割なのではないだろうか。
極めていろいろな思いを持ってしまう、この土地の地名の比定には以下の資料を利用した。厚く御礼を申し上げたい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定府の地名は特にない。



より大きな地図で 大丸の地名 を表示
稲城市百村は坂浜と並び、非常に原風景の色濃い場所であった。現在も南山地区を中心に、昔の多摩丘陵を追体験できる貴重な場所になっている。
しかし、この地の中心となっていた大きな谷戸「竪谷戸」は尾根幹線の工事で完全に消えてしまい、北部はゴルフ場用地、向陽台の開発が入り、大きく様変わりしたのは残念の極みである。
またずっとそのまま残っていたと言っても良い、南山地区も隣接の矢野口側を完全に開発することが決定し、続々と山が切られ、谷が埋められてしまっている。当地は開発予定区ではないが、大きく変貌していくのは間違いなく、この貴重な姿もいつまで残るのか予断を許さない。
開発は仕方の無いことだが、土地への敬意や愛着もなく、ただ土地が遊んでいるとの印象の下で開発を急ぐ姿は、実に浅ましい。里山、農村の村出身の稲城市は、行政としてもそれを劣等感ではなく、誇りに思って郷土の設計をなしてほしいと切に願うばかりだ。
地名に目を移すと、この地の性質が手に取るようにわかる。砂の多い地で、里山、谷戸、沢に満ちあふれ、山岳信仰も見え隠れする、古い地名が多い。
拾い上げと比定には以下の資料を活用させて頂いたので、ここに謝意を。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定不能の地名は特にない。



より大きな地図で 百村の地名 を表示
稲城市坂浜は昔の多摩丘陵の姿をそのまま残している、非常に貴重な地区である。隣接の百村と共にこれほどに色濃い里山と谷戸、そして旧家の並ぶ光景を見ることが出来る場所は、多摩丘陵からは失われる一方で有る。
しかし坂浜は非常に広い面積を持っており、北部は若葉台として完全に造成され、近未来的な街が出来、昔の地名などお構いなしに、モダンな名前を付けた団地や街区が出来ている。対して南部は昔のままの姿で有り、この対比の激しさも当地ならではと言えるかもしれない。
地名もまた豊富で有り、趣深いもの、歴史を感じるもの、またもともと訛りの強い地域であったと伺える音転嫁地名とバラエティ豊かである。
最北部と南部の多くの地が、ゴルフ場に沈んでしまったのはもったいない限りだが、特に最北部の大丸境にある米軍用地は、もし返還されてしまえば、一気に開発されてしまうだろうと想像できるだけに、複雑な心境である。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を活用させた頂いたので、この場を借りて深く御礼を申し上げたい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定不能の地名は特にない。



より大きな地図で 坂浜の地名 を表示
稲城市平尾はその南部は早くから開発が行われ、平尾団地を中心とするベッドタウンとなり昔の姿は消え去ってしまった。北部は一部はゴルフ場となるも、比較的昔の光景を残しており、黒川や坂浜と一体の里山の光景が色濃いが、近年そこにも徐々に開発の手が入ってきており、今後は予断を許さない状況となっている。
昔の当地は山間の農村で有り、谷戸と里山の広がる地であった。地名にもそれが色濃く残っているが、なかなかに難読の地名も多く、興味をそそられる。
この地は私が少年時代から青年時代まで、タケノコ掘りなどでよく訪ねた地であり思い出深いのだが、
つい先日まで谷戸の多く残るエリアがあり、懐かしい風景に心洗われたものだが、そのエリアにもついに開発が入りそれらの光景もまた過去のものとなってしまった。
このような多摩丘陵に残された自然や風土を顧みず、開発を強行するの稲城市の姿勢について重大な懸念と遺憾を表明したい。

地名の拾い上げ、比定には以下の資料を活用したので、ここで謝意を表したい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定不能の地名は特にない。また今回より山名を緑のピンで図示することにした。

※地図と本文の一部改訂を行いました


カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]