忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市栄区飯島町は、現在は開発著しい町となり、団地や住宅が多く建てられ、また多くの企業も進出する場所となっているが、もともとは鎌倉郡飯島村と言い、山と谷の多い犬牙な地形の村であった。
豊田村の大字を経て、戸塚区の大字となり、栄区分区に伴い同区の大字となった後、一部地域を本郷台に分割して今に至る。
本稿では現在の飯島町域について扱い、本郷台編入部は別稿をたてる予定である。
飯島町の地名特徴は地形のそれを如実に表しており、多くの谷戸の名前が見られる。特筆すべきはかなり小さな谷戸の名もそのまま現役の小字として残り、字としてはかなり複雑に割られている印象があることだ。
もちろんその中には、おそらく地租改正時に大きく纏められ、通称として生き残ったものも有るが、ことに集落が形成されている谷については整理することなく残されたようだ。
なまりの強い風土があったのか、家名などを見ると「~ぜえむ」と言うものが多く、おそらくこれは「~左衛門」の転訛と思われ、その転訛は地名にも見られる。
例えば「中尾山」の転訛と思われる「なこ山」などはその代表だろう。
「魚ヶ谷」と言った丘陵部には似つかわしくない地名もあり、これも何かの転訛なのだろう。
このような多くの谷戸名が今に語り継がれているのを見ると、如何に古の村人が、その生活の用として地名を使っていたのかがよくわかり、とても興味深いものがある。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡豊田村地番反別入図」(横浜市史資料室蔵)「今昔マップ」「横浜じゃん旅行社さんぽの閑人」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌飯島村村誌」「横浜三千分の一地形図」

比定不能地名は以下
・横マクリ


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]