忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
旧瀬谷村はそもそもは上瀬谷村、下瀬谷村に分かれていたものが合併し、その後周辺地域を合わせ、新瀬谷村となった。
その後戸塚区を経て瀬谷区に独立、合併した周辺の村域を別町区として分け、瀬谷町となった後、その中に多くの新町区を新設し現在に至っているという多少複雑な歴史があるようだ。
このため、旧区界を超えた新町区や、旧字が複数の町区に分かれて合併されたりなど、かつての区割りを追うのはとても難しいものがある。
今回は上瀬谷村、下瀬谷村を併せた旧瀬谷村域の旧地名を比定してみた。
以上の経緯から比定しきれない地名もあるが、なるべく多くのものを集めたつもりである。
なお、瀬谷町は住居表示未実施であり、この町域にある字名は現役のものであるようだが、ただでさえ煩雑な内容になりそうなので、一様にピンの色は同じとしていることをお断りしておきたい。

地名はさほど変わったものはないが、境川流域の低地と台地部からなり、台地に食い込むような極めて長大な谷戸が幾筋もあることが最大の特徴だろう。
中にはそのまま町田市域まで続く前谷戸という非常に長大なものも有り、また低地ゆえの湿田地名も見られるなど、村時代の生活の一端が垣間見られる。
現在でも北部には広い農地が広がり、懐かしさを感じられるが、この農地も谷を埋め平坦化して得られたものであるようで、かつての谷筋が複雑な区割りとして今も残っている。

地名の比定、拾い上げには以下の資料を参考にさせていただいた。
瀬谷区の歴史、横浜市三千分一地形図、今昔マップ on the web、横浜じゃん旅行社散歩の閑人、新編相模国風土記稿、皇国地誌瀬谷村村史、瀬谷区歴史地名ガイドマップ

新資料により大幅に修正を加えた。

比定不能地名は以下のとおり

下谷  

上河地下・・・上河内の南か  

下平池渕 

平池向・・・平池の東か

平池淵  

中平池  

西ノ脇

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]