忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228
神奈川県横浜市栄区田谷町はもともと鎌倉郡山之内荘に属する田谷村という村であった。村名の由来は様々だが、最も有力とされているものは「田屋村」といったものの転訛であり、田の見張り小屋をおいた村の意味があったようだ。
町域の地形は大きく3つにわけられると言っていいだろうと思う。すなわち現在も耕地の広がる低地帯、南の丘陵、東の丘陵である。特に東の丘陵には定泉寺があり、ここには田谷の洞窟と言われる人口洞窟が有る。
地名特徴はまず住居表示未実施のためすべての字が現役であることと、地形による特徴を表すものであろう。すなわち田には鳥越や角田といったもの、丘陵部には牛坂、十三塚、峯などがみられ、地名特徴が顕著である。
さらに田谷洞窟周辺には十三塚、岩塚という古い塚を由来としたと思われる地名が多く、その地に寺が立てられていることは無関係ではあるまい。
谷戸に関しては特定の谷戸地名といえるものは「谷ト」「相ノ田谷」の2つだが、「坪入」もまた谷戸地名と考えて良いだろう。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「横浜三千分の一地形図」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「横浜町区域要覧」「皇国地誌田谷村村誌」「新編相模国風土記稿」「栄の歴史」「とよだ」

比定不能地名は以下の通り
柿ノ木


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]