忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199
神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町は横浜カントリークラブのある山の北東に位置する小さな町域の地区である。ここは小さい名から険しい丘陵地であり、そこに多くの谷戸が刻み込まれているため、地名の殆ども谷戸地名となっている。
基本的に住居表示はなされていないが、一部を新桜ケ丘として分離し住居表示を実施している。
今井町は旧今井村であり、新桜ケ丘を含む区域が旧村域となっている。
この地には注目すべき地名がある。それは角川地名大辞典や横浜市発行の地区要覧等で見られる小字「タニ谷」「谷ヤト」である。
谷をや、やと等と読むのは関東圏特有の地名特徴の一つであり、関西圏では多く「タニ」と読むため、両方の地名特徴を併せた特殊な地名ではないかと目されていたが、色々調査をすすめるとこれは誤りらしいことがわかってきた。
今井村は二俣川村の大字になった後、保土ヶ谷区に編入し同区の大字となった経緯があるが、二俣川村時代の地名は同村の土地宝典で確認ができる。
そこには確かに「たに谷」という地名が表記されている。
ところが官報や小字まで表記している競売物件等の住所を虱潰しに当たってみると「多子谷」という地名を確認できることがわかった。
この地名の正確なよみは分からないが「たごやと」ないし「たねやと」と考えられる。どうやらこの地名を誤って呼んだ結果「タニ谷」となってしまい、更なる誤読で「谷ヤト」が出てきてしまったものと考えられる。
当研究では土地宝典での表記を基本的に基準としているが、この地に関しては「多子谷」を正式に採用することとして、この不思議な地名への答えとしておきたいと思う。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「二俣川村土地宝典」「google」「今昔マップon the web」「横浜三千分の一地形図」


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]