忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197
神奈川県横浜市戸塚区名瀬町は横浜カントリークラブの麓に位置する地区で、現在も数多くの谷戸の姿を今に残す貴重な地区となっている。
しかしながら同ゴルフ場を含むゴルフ施設の密集地であり、これらの建設時に多くの山、谷戸が削られあるいは埋められて消滅していしまったことは非常に残念でならない。
また下流部も名瀬住宅はじめ、多くの住区が形成されこれにともなって当然山も谷も全くなくなってしまった。
普通はこれだけの条件が重なるとほとんど昔の姿は残っていないのだが、当地は九十九谷戸と言われた地だけあって、それでも尚、昔の姿色濃い地域として今に残っているのは奇跡的ですらある。
地名特徴は言うまでもなく多くの谷戸に占められているが、これらの多くは通称であり、古く検地帳などに見られた古地名が地域の人の通称として残ったものである。
地租改正移行はこの地も大きな区分に纏められてしまったのだが、刈田均氏の充実した研究の成果により、我々はそれらの地名の存在を今でも確かめることができる。氏には心からの御礼と、尊敬の念を禁じ得ない。
またもう一つ特記しておくべきことがある。それは現在も用いられている小字についてだが、横浜市刊行の地区名資料に記載されいてる小字のうち、中央の谷に見られる京田や与惣田と言った地名、それに長丁という谷戸地名については、同地の土地宝典である、中川村地番反別入図には記載がないことから、地租改正時に消滅したものが何らかの理由で紛れ込んだものとみられることだ。
今回はピアの色分けと本文で、地名の区分を詳述したので参考にされる際にその辺りをご留意頂ければ幸いである。
尚、当地は中川村の大字を経て、戸塚区に編入後、一部地域を緑園に分離したものの、それ以外は住居表示は行われていない。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「水と暮らし 刈田均著」「中川村地番反別入図」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌名瀬村村誌」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「横浜三千分の一地形図」「横浜市各地区概要」「今昔マップ on the web」


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]