忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201
神奈川県横浜市戸塚区上矢部町は開発の進む現在であっても、もともとの地形が大変起伏に富んでいたことを物語る坂の多い街になっている。
上矢部町は上矢部村という鎌倉郡に属す村であったが、そこから中川村の大字となり、戸塚区の大字となった。現町域がそのままかつての上矢部村の村域であり、住居表示は未実施である。
そしてこの地の地名特徴は、地租改正やことあるごとの区画の整理に際して、小字が大きな区画に纏められていく過程で、小さな地名が少なくなっていくという一般的傾向に反して、検地帳記載地名が未だに多くそのまま小字として残っていることにある。
このため字の区画は非常に小さく、地名は錯雑を極めていると言っても良い状態であり、地租改正の際などに何かあったのではないかと想像してしまう。
検地帳時代の地名は多く音だけで伝わったもので、これを表記する際には万葉仮名を用いたりしており、現代の表記からみるとかなり趣の違うものが多いと感じるのだが、当地はその表記も昔のままとなっているのがまた面白い。一例を挙げれば「字段法く(だんつく)」「字かこつ楚」「字志ら坂」などである。
これ以外の特徴としてはやはり谷戸地名が多いということだろう。大きな谷だけでなく、そこから派生する小さな谷にも名前がつけられていた事は、ここまでの研究で明らかであるが、通常こう言った地名も大きな区画に纏められ、通称として地元の古老に残る程度となっているのが通例だが、当地はそれらも細かい字区分として残り、現役の地名である。

地名の拾い上げと比定は以下の資料を参考にした
「鎌倉郡中川村地番反別入図」「横浜三千分の一地形図」「今昔マップ on the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「皇国地誌上矢部村村誌」「新編相模国風土記稿」


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]