忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221
横浜市磯子区杉田および杉田坪呑はもともと久良岐郡に属する杉田村であった。
その後、武蔵国から神奈川府を経て、森中原村、磯子村、滝頭村と合併し、屏風ヶ浦村の大字杉田になり、横浜市に編入、同市の大字になり、磯子区の一地域になった。
その後字坪呑の地を分離し新たに杉田坪呑を新設し現在の形になっている。
海と丘陵に挟まれた位置にあたり、丘陵部には谷戸地名が幾つか記録されているが、この内旧字永作は「作」を用いた谷戸地名である点が興味深い。
作は狭い場所を意味する語で、地方によって迫などとも書かれ、谷戸地形を意味する後であるが、多摩丘陵地では少数派の地名特徴である。
また現在は埋め立てによって取得した地を含む地域となっているが、古い資料と比較していくと、この埋め立てによって海岸線が遠ざかっていったことが、旧海岸地名の存在から浮き彫りになるのも面白い。

地名の拾い上げと比定は以下の資料を活用した。

「磯子区土地宝典」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵国風土記稿」「横浜三千分の一地形図」

比定不能地名は以下の通り

堂ノ前

桑原(これは入会地の地名か)

かちみ田

北風松(ならいまつ)



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]