忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市港北区小机町は小机城址のあった場所としても知られている。一時近隣の村を併せて大きな小机村となった時期があるが、この項では現在の町域、つまり元々の小机村の地名について書くことにする。
小机町の特徴は北部鶴見川沿いの耕地と南部の丘陵地帯に分かれることであろう。
このため北部には田に由来する地名、南部には谷戸名が見られる。
また鶴見川沿いの地域は氾濫も多く、又南の谷戸からの集水域でも合ったことから、田と言っても底無しのドブ田であった様で、池土腐等の地名が印象的である。
また近隣にも見られるが道慶の付く地名が当地にも有り、これはかつての領主に由来する地名のようである。

以下は地名の拾いあげと比定に用いた資料である。感謝を添えて。
「港北歴史地名ガイドマップ」「角川地名大辞典」「新編武蔵国風土記稿」「港北区史」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップon the web」

比定不能地名は以下

・寺屋敷



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]