忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
神奈川県横浜市港北区の新横浜周辺の地域についての地名を纏めてみました。この項では旧篠原村村域について書いていますが、この地域は新横浜を初め多くの地域に分割され、一部をのぞき住居表示が実施されています。
現在の新横浜周辺は開発著しく、その近代的な街の造形は一つの都市シンボルとも言えるものとなっているが、かつてこの周辺は一面が湿地帯が広がる場所であったようだ。
このことは当地の旧村名篠原村の地名に良く現れており、蛇袋という特徴的な地名がその代表と言えるだろう。
これは川の蛇行と関係する地名と思われ、蛇はその格好を言ったもの、あるいは水神としての龍を意味するものとも考えられるが、他の見方をすると、産鉄神としての蛇、吹く炉の転訛としての袋と考えることも出来るのかも知れない。
いずれにしても現在からは想像も付かない地名であったのが面白い。
また丘陵部にあたる、現篠原町、篠原各地域にあたる部分は谷戸名を多く伝えている。
この中でも坊海道(ぼうがやと)は非常にユニークである。これは地形から来ると思われる「棒ヶ谷」の転訛、もしくは寺に因む「坊ヶ谷」の音と街道が交わって生まれたものと考えられる。このことは新編武蔵国風土記稿にも書かれており、言い伝えの由来は俄には信じがたいとして、その由来を載せている。
また会下谷の地名も仏教に関係する地名であると思われることから、寺の力の強い場所だったのかも知れない。

以下は地名の比定に用いた資料の出典である。各著者には心より感謝を申し上げたい。
「港北歴史地名ガイドマップ」「新編武蔵国風土記稿」「角川地名大辞典」「港北区史」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップ on the web」

比定不能地名は以下
・谷田
・新田
・堀ノ内



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]