忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138
神奈川県横浜市港北区岸根町はその一部を新横浜に分割したが、ほぼ旧岸根村の村域をそのまま受け継いでいる。
しかし地形については、元々西側の川沿い耕地意外は深い丘陵地になっていたものを、近年の開発で大きく変えたため、岸根公園付近の地形は今とは全く違う様相をしていたようである。
また、岸根町の町名も古くは「岸ノ根村」としていたようだ。岸、根ともに地形から来る地名であり、確かにそれを物語る様な複雑な地形を持った村であったようだ。
丘陵部の谷戸名には「釜谷」などがあり、これも釜のような地形から来るものと思われるが、産鉄と結びつけることも出来るかも知れない。
また、西の鳥山川流域、現在の新横浜周辺に見られる地名は砂田、島どぶ、深どぶなどのドブ田であったことを物語るものや、古い地名には「闢下」というものもあり、これは崖崩れを意味するか、そそり立つ壁のような崖の下を意味するものと思われる。
こう言ったものは、最近では危険地名として注目されているものに辺り、都市開発の中に消えていった古の教訓が隠されているのかも知れない。

以下は地名の拾いあげ、比定に用いた資料である。深く感謝を申し上げたい。
「港北歴史地名ガイドマップ」「港北区史」「新編武蔵国風土記稿」「角川地名大辞典」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップ on the web」

比定不能地名は特にないが、新編武蔵国風土記稿にある地名の比定は、かなり推量の域を出ないもので有り、正確さに欠けることにご注意頂きたい。



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]