忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
川崎市宮前区有馬は横浜境にある地で、現在の鷺沼駅や宮前平駅の主に南側を中心とした村域を持つ有間村という村であった。
有馬の表記は時代で幾分変化しており、江戸期以前は「有馬」でその後「有間」となり明治以降は「有馬」に戻ったのだという。
村域のいくつかは馬絹とかぶり、歴史的にも軍用地接収を経験するなど似通っている。現在は開発著しい地区であり、かつての谷戸や沢の面影はなく、山も一部を除いては残っていないが、宮前区の取り組みとして非常に良いものが、坂の名前に関するもので有り、新旧多くの坂の名前が銘板とともに設置されているのだという。
この地も丘陵地故に非常に坂が多く、そんなところから昔の地名、町の昔が感じられるのは良いことであると思う。
地名傾向は丘陵地の典型的なものではあるが、一部に産鉄関係地名が残っているように思う。出典元では「金クソ」地名を鉄を多く含んだ湧水に関するものだとしているものの、これはスラブを指す語でもあり、多摩丘陵一円を俯瞰して、その多くに産鉄や鍛治に関する歴史があるのはほぼ間違いなく、個人的には産鉄地名と見る方が合点がいく思っている。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、感謝を添えて紹介したい。
「川崎地名辞典(日本地名研究所)」「今昔マップon the web」「マピオン」

比定不能地名は以下の通り
・前野・・・村の北
・下屋敷・・・旧有馬4202



より大きな地図で 有馬の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]