忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
神奈川県川崎市宮前区と高津区にまたがる野川は、野川村という比較的大きな村であった。それ以前は上野川村、下野川村と分かれていたものが、合併して一つの大きな村になったようである。
村域は起伏の大きな丘陵部に位置しており、大きな谷戸が幾筋か貫いていた。
ほとんどの谷戸に名前があった様で、多くは現在でも通称の形で地元の人に用いられているようだが、これらは恐らく古い字名であろうと思う。
現在も町域はすべて住居表示を行っていないが、近年字名は纏められて、現行の字名は「北耕地」「西耕地」「南耕地」「中耕地」「東耕地」という非常に没個性甚だしいものとなってしまっている。
古い地名を見ると、産鉄地名と思われる、かまの谷戸、やかます坂などや、地形地名の類い、そして法螺貝谷という変わったものも見つけられ、その豊かさに驚くばかりだ。
こう言った先人の伝承とも言える地名を没個性のものに変えてしまったり、今後予定されている住居表示で完全に地図上から消し去るのはいかがなものだろうか。
参考資料に使っている「川崎地名辞典」には非常に助けられているが、この本では未詳として比定をしていない地名が幾つかある。
根拠は乏しいが、今回はこれらの地名の比定にも挑んでみた。

以下は本稿執筆に利用した資料である。深く感謝を申し上げたい。
「川崎地名辞典」「角川地名大辞典」「今昔マップ on the web」「google map」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]