忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
細山はその名の通り細い山の多い地区で、かつては多摩丘陵の鬱蒼たる山々とその間に幾筋もの谷戸の広がる地区であった。金程も同様で、その名が示唆するのは古代の産鉄、製鉄に関する土地。ただその証拠は見つかって居らず、無関係とする説もあるようだが、そもそも小地域に産鉄地を関連づけてしまうこと自体が間違いなのではないだろうか。もっと広い地域で見たときに、産鉄地帯の一角をなしていたと考えれば、これもまた肯定しやすくなると思う。
 そのような山深い地域の風景は、開発により激変。山は削られ、谷は埋められ、その上にはびっしりと住宅が建設。住居表示によってかつての地名も奪われてしまったという、典型的な多摩丘陵の街区となっている。
 ただ元々の地形が非常に複雑だったのか、綺麗な碁盤に整備されたとは言い難く、道の形状、住居の建て方向などを俯瞰すると、地形の複雑さが残っている様に感じる。
 そのような地域のかつての地名を川崎の資料から拾ってみた。しかし住居表示の影響で資料に書いてある地番が変わり、比定が難しくなってしまったものも多く、対照表がない状態ではこれ以上は困難であるので暫定公開ということで、今後大幅に修正する可能性を残しておきたい。



より大きな地図で 細山、金程の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]