忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [36]  [35]  [34
高石はそもそも鎮守のある山が四方から目立つ高さであり、これを「高し」と言っていたのが転訛して「高石」となったという説があるほどに、山の多い地であった。
 百合ヶ丘駅付近と言うこともあって、かつての様相はどこかへ消え、山は削られて宅地となってしまったのは、歴史の必然なのかも知れないが、そもそもこの地にあった地名は個性的なものも多く、そういった地名が忘れられていくのはなんだか勿体ない気もする。
 川崎の資料から出来るだけ地名を拾って纏めてみた。実に寺と社の多い地区だったことがよく分かる。



より大きな地図で 高石の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]