忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107
神奈川県横浜市青葉区上谷本町というと、谷本川の南岸の僅かな地に残る名前となってしまっているが、かつての村域はその南一帯に及び、現在のみたけ台、桜台、柿の木台、もえぎ野といったエリアを含む地であった。
その村域のほとんどを深い山が覆っており、山に食い込む谷戸と、川沿いに集落部のあるのどかな村であったものが、近年の開発で劇的にその姿を変えた。
すでに幽谷の風景は全く失われ、ひたすら街区が埋め尽くすニュータウンには、かつての地名を思い起こす暇すらない。
山深さを物語るかのように、かつての地名には木工職人や大工と言ったものを示す、六郎師、番匠などが見られ、地形の複雑さを示す「うは谷」なども古い地名として記録されている。
かつての小字を中心に比定したが、一部古い地名も地形類推で推定してみた。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いた。
「都筑郡中里村地番反別入図」「新編武蔵国風土記稿」「横浜じゃん旅行社web」「今昔マップon the web」

比定不能地名は以下の通り
・柳畠・・・東よりにあり
・島根・・・北にあり
・五領・・・西にあり
・うは谷・・・仝
・金子塚・・・東にあり




より大きな地図で 上谷本(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]