忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

川崎市多摩区及び一部宮前区に旧長尾村の村域はある。
地区の合併変遷が複雑であったことも有り、かつての村域は区をまたいでおり、長尾、五所塚、神木本町、向丘などとなっており、各地域は住居表示済みである。
多摩丘陵の縁に位置し、西には藤子F不二雄ミュージアム、東には東高根森林公園を要する丘陵部、北の一部は古多摩川の氾濫原に位置し、二ヶ領用水が流れている。
丘陵部には大きな谷戸を中心として襞状の沢や谷戸地が入り込んでいたが、現在その多くは開削され宅地化されている。
地名に目を移すと「神木(しぼく)」という非常に特徴的な地名の他、多くの谷戸名があったようだ。
また古代の産鉄に絡むという説のある、奥羽俘囚の移配地と思われる別所の名もあり、この地に古くから人の営みがあったことを示すように、東高根森林公園からは弥生後期の遺跡が発見されているという。

地名の拾いあげと比定は以下の資料を参考にした、執筆関係者のご努力に敬意を込めて、ご紹介したい。
「川崎地名辞典(日本地名研究所)」「今昔マップon the web」

比定不能地名は特にない



より大きな地図で 長尾(川崎市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]