忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市栄区飯島町は、現在は開発著しい町となり、団地や住宅が多く建てられ、また多くの企業も進出する場所となっているが、もともとは鎌倉郡飯島村と言い、山と谷の多い犬牙な地形の村であった。
豊田村の大字を経て、戸塚区の大字となり、栄区分区に伴い同区の大字となった後、一部地域を本郷台に分割して今に至る。
本稿では現在の飯島町域について扱い、本郷台編入部は別稿をたてる予定である。
飯島町の地名特徴は地形のそれを如実に表しており、多くの谷戸の名前が見られる。特筆すべきはかなり小さな谷戸の名もそのまま現役の小字として残り、字としてはかなり複雑に割られている印象があることだ。
もちろんその中には、おそらく地租改正時に大きく纏められ、通称として生き残ったものも有るが、ことに集落が形成されている谷については整理することなく残されたようだ。
なまりの強い風土があったのか、家名などを見ると「~ぜえむ」と言うものが多く、おそらくこれは「~左衛門」の転訛と思われ、その転訛は地名にも見られる。
例えば「中尾山」の転訛と思われる「なこ山」などはその代表だろう。
「魚ヶ谷」と言った丘陵部には似つかわしくない地名もあり、これも何かの転訛なのだろう。
このような多くの谷戸名が今に語り継がれているのを見ると、如何に古の村人が、その生活の用として地名を使っていたのかがよくわかり、とても興味深いものがある。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡豊田村地番反別入図」(横浜市史資料室蔵)「今昔マップ」「横浜じゃん旅行社さんぽの閑人」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌飯島村村誌」「横浜三千分の一地形図」

比定不能地名は以下
・横マクリ


PR
神奈川県横浜市栄区長尾台町はとても町域の小さなエリアである。
柏尾川沿いの低地を北に、南は同様の低地と西部の高台からなり、高台は今も自然の豊富な状態が残されている。
鎌倉郡に属する小村であったものが、豊田村の大字、戸塚区の大字を経て、栄区分区に伴い同区の大字となっている。
名前から最近できた行政区画かと思ったが、歴史は古く古来よりこの地名で呼ばれていたようだ。
町域の小ささから地名はあまり多くはないが、拾い上げた地名はすべて比定できている。
地形特徴に沿った地名が並んでいる。
なお住居表示未実施の為、小字はすべて現役のものである。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡豊田村地番反別入図」(横浜市史資料室蔵)「今昔マップ」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「横浜三千分の一地形図」「新編相模国風土記稿」「皇国地誌長尾台村村誌」

比定不能地名は特にない


神奈川県横浜市栄区長沼町は鎌倉郡長沼村をルーツとするが、それより前には矢部郡長沼郷という郷であったようだ。
その後豊田村の大字を経て戸塚区の大字、栄区の分区に伴い同区の大字へと変遷している。
町域は小さく、地形特徴は西部に柏尾川沿いの耕地、それ以外は低地に張り出した丘陵端となっている。
地名特徴を論じたいところだが、大きな問題が有る。長沼町の古い地名は地租改正の際に「改正ノ一」から「改正ノ七」と纏められ、語り継がれてきた古地名は淘汰されてしまっている。
更にこの地域の地名を論じた資料も乏しく、古の実態にはアプローチしづらい状態となってしまっている。
そこで皇国地誌、新編相模国風土記稿などを手がかりに、バス停、橋梁、公園、歩道橋名などを細かくあたり、古い地名の名残と思われるものを抽出、これらを併せてマップに落とすという作業を行ってみた。
この結果、谷戸地名として「奈光谷」(バス停名に残る)、「打越谷」(明治期の地形図に記録)、「一耕地」から「六耕地」(皇国地誌)、「一ノ坪」「判官台」(同)、「野村」(詳細不明)などを抽出することができた。資料の乏しい地域なので、これらの取りまとめには一定の意味があるのではないだろうか。
とはいえ、データの乏しい状況は変わらず、この地域に関する古地名や家号などの情報提供を広くお願いしたい。
もしやと思う方はメッセージを頂けると、大変助かる次第であります。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡豊田村地番反別入図」(横浜市史資料室蔵)「新編相模国風土記稿」「皇国地誌長沼村村誌」「今昔マップ」「google map」「NAVITIME」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「横浜三千分の一地形図」「長沼町会web」

比定不能地名は以下の通り
・小谷
・堀内
・辻前
・四耕地
・五耕地


神奈川県横浜市栄区金井町は鎌倉郡に属す金井村をルーツとする。
その後豊田村の大字となり、戸塚区編入、分区によって栄区金井町となった。
小さな町域で、地形的特徴は西部の丘陵地と東部柏尾川沿いの広い耕地からなっており、地名特徴もこれになぞられている。
東部の耕地には細かい字がそのまま残り、住居表示未実施の今でも現役となっているが、その殆どは住友敷地内となり、一般にそれを目にする機会はないものと思われる。
また低地と思われるこの耕地に「亀ノ甲山」や「島畑」の地名が見られ、柏尾川の氾濫や水はけの問題から、これらの地が島のように見える微高地だったことが分かる。
西部丘陵麓には旧集落部が展開し、辻の上、東ノ根といった地名にその箇所がある。さらに丘陵深くには谷地形を冠した「谷村」「東谷」「西谷」があり、これらは今でも昔の光景を残している。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「鎌倉郡豊田村地番反別入図」(横浜市市史資料室蔵)「今昔マップ」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「横浜三千分の一地形図」

比定不能地名は特にない


神奈川県横浜市栄区田谷町はもともと鎌倉郡山之内荘に属する田谷村という村であった。村名の由来は様々だが、最も有力とされているものは「田屋村」といったものの転訛であり、田の見張り小屋をおいた村の意味があったようだ。
町域の地形は大きく3つにわけられると言っていいだろうと思う。すなわち現在も耕地の広がる低地帯、南の丘陵、東の丘陵である。特に東の丘陵には定泉寺があり、ここには田谷の洞窟と言われる人口洞窟が有る。
地名特徴はまず住居表示未実施のためすべての字が現役であることと、地形による特徴を表すものであろう。すなわち田には鳥越や角田といったもの、丘陵部には牛坂、十三塚、峯などがみられ、地名特徴が顕著である。
さらに田谷洞窟周辺には十三塚、岩塚という古い塚を由来としたと思われる地名が多く、その地に寺が立てられていることは無関係ではあるまい。
谷戸に関しては特定の谷戸地名といえるものは「谷ト」「相ノ田谷」の2つだが、「坪入」もまた谷戸地名と考えて良いだろう。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた
「横浜三千分の一地形図」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「横浜町区域要覧」「皇国地誌田谷村村誌」「新編相模国風土記稿」「栄の歴史」「とよだ」

比定不能地名は以下の通り
柿ノ木


神奈川県横浜市旭区桐が作、小高町、左近山、市沢町、三反田町はそれぞれ市野沢村、三反田村、小高新田というそれぞれ小村からなっていた。
その後隣の二俣川村と合併し、大きな二俣川村の大字になり、横浜市に編入、さらに旭区分区で同区の一地域になった。
この際市野沢村域は市沢町に、三反田村は三反田町、小高新田は小高町となり、さらにその中から新たに桐が作と左近山を分離して今に至る。
三反田村と小高新田は元々非常に小さく、多くの飛地を持って成り立っていたがこれら飛地は解消され、一部どこか分からなくなってしまった地名も生じてしまったのは悔やまれる。
山間僻地であった当地は多くの谷と丘陵からなっており、そのため谷地名が多い。
中でも面白いのは「桐ヶ作」であろう。
サクは狭い土地を表す地名語であるが、古くは桐ヶ作谷(きりがさくやと)と呼ばれており、意味のダブる二つの語が同時に付いていたようだ。
その他産鉄地名を思わせるものもあるが、多く古い地名は比定が困難ものとなっている。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いた
「旭区郷土史」「google map」「横浜三千分の一地形図」「今昔マップon the web」「新編武蔵国風土記稿」

比定不能地名は以下の通り

窪谷戸

鹿子谷戸

狐谷戸

千駄丸

カタ澤山

石川山

タラ澤山

三ッ又山


現在の横浜市旭区中希望が丘、南希望が丘、東希望が丘、さちが丘、善部町、中尾、中沢、本村町、四季美台、本宿町、南本宿町、大池町、万騎が原、柏町にあたる場所はかつては二俣川村という村であった。
現在の旭区の大半を占める大きな村であり、この中にはそれぞれ講中が置かれ、今の大字のように機能していたようだ。
春ノ木、上、下、谷戸、日影、原、蔵屋敷、上村上、上村中、上村下、下村上、下村下、又口、これに加えて善部谷(上善部、下善部)や中尾、榛ヶ谷、本宿、本村、密経新田、二俣川新田などといった地域名も加わって、大きな村の中には様々な区分けで小さな村が置かれているような状態だった。
現在でもこれらの講中は自治会名などに名前を残しており、古くからの繋がりが生きているようである。
かつての二俣川村内には小高新田の飛地が非常に多く、これらも今回は同時に扱った。小高新田は密経新田と古く呼ばれていたようで、この名が残る場所も多い。
その後、小高新田、三反田村、今井村、市野澤村と合併し大きな二俣川村となり、その後横浜市に編入、旭区分区の際に同区の地域になって行った。
この中に新たに上記のような新しい町が分離していき今の形となっている。
地名は山間部には谷地名が多くみられるものの、実際にはもっと多くの谷があり、これらにも古い字や通称があると思われるが詳しいことは分からなかった。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用した
「旭区郷土史」「わが街万騎が原」「横浜三千分の一地形図」「今昔マップon the web」「新編武蔵国風土記稿」「google map」

比定不能地名は以下の通り

小田、本宿南の方

弥八郎場、善部北の方

浄運山、善部東南の方

ドウマン谷、榛ヶ谷南の方

横谷、榛ヶ谷西の方

宮津、二俣川又口より南


磯子区磯子、磯子台、久木町はもともと久良岐郡磯子村であった地域である。
周辺の各村と同様に合併し屏風ヶ浦村の大字を経て横浜市編入、磯子区の一地域になり、現在に至っている。旧磯子町を住居表示し、新たに磯子台、久木町を分離、住居表示を実施したのが今の形である。
海岸線に面してその際まで丘陵の迫る地形に位置し、地名には谷地名がとても多い。
特段特筆すべき地名が多いわけではないが、地租改正で小字の統合した際に谷戸地名から谷戸が取れて、山田となったもの(江戸期資料には山田谷戸と記載されている)や、谷のつかない紅取という不思議な地名が印象深い。
また字谷は江戸期資料では中之谷などと表記されていて、地名の変遷が感じられる。
古い地名の比定にも取り組んだが、比定に至る資料が少なくごく一部の比定にとどまったので、今後判明したものは順次更新していきたい。

地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた。

「磯子区土地宝典」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵国風土記稿」「横浜三千分の一地形図」「磯子村絵図」

比定不能地名は以下の通り。

境堀

鳩打

磯口

室ノ木

城堀

徳なぎ

なこう



磯子区汐見台、同森が丘はともにもともとは森町に属する地であった。
前身は久良岐郡の森村で、これが周辺各村と合併し屏風ヶ浦村の大字になり、横浜市に編入、磯子区の一地域になった後、上大岡、笹下などと分離、合併を繰り返す中から汐見台と森が丘を新地域として分離して住居表示を行った。
両地域はもともと森町の一部や上大岡の一部から分離したので境域は広くはない。
森町でも丘陵地寄りの地域であったが、丘陵の平坦地で赤穂原と呼ばれる地域を地域を中心としているようで、谷地名は上大岡から編入した馬飼ヶ谷のみとなっている。

地名の拾い上げと比定は以下の資料を用いた。

「磯子区土地宝典」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵国風土記稿」「横浜三千分の一地形図」

比定不能地名は森町の稿を参照のこと。

磯子区森の地域はかなり昔と今では境界が異なる。これは横浜市域となって以降の度重なる境界変更、編入、分離などが直接の原因であるが、このため比定作業は多少ややこしい状態になった。
旧森村は久良岐郡に属する一村であったが、この地域を扱おうとすると分離した新地域が原稿上に出現しにくくなるなどの問題があり、結局現森の地域だけで一稿にすることとした。
森村から周辺各村と合併して屏風ヶ浦村の大字となり、横浜市編入、その後磯子区の一地域となり森町を名乗るようになったが、そこから一部地域と上大岡町の一地域を併せて汐見台を新設分離し、その後も上大岡、笹下の各地域とは一位域の分離合併を経て今の形になった。
またその後一部地域を森が丘として分離している。
地名特徴は丘陵地の谷戸名と、屏風ヶ浦に代表される海地名が混在していることだろう。まさに海と丘陵に挟まれたこの地域の特徴を表しているといえるだろう。
谷戸地名に方位地名が多いのは恐らく、地租改正後の小字の統合の際にそのようになったものと思われる。


地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた。

「磯子区土地宝典」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵国風土記稿」「横浜三千分の一地形図」

比定不能地名は以下の通り

御屋敷

陣屋川

南向坂

富士之越

塩汲坂

京塚

峰岸

かいと

長畑

鹿島脇

鳥打

百八塚

一本榎

八台

逸見

岩井土

荒神台

台之下

ぶたい

越之浪

橋川通

腰根



カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/06 金井民]
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]