忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95
八王子市小比企町は未だに多くの耕作地が残るのどかな風景をたたえた場所である。
位置的には多摩丘陵派出の尾根が伸び、その尾根と尾根下、湯殿川沿いにあたり、一部は後年緑町として分離している。この尾根は多摩丘陵派出の支線として「小比企丘陵」とも呼び、更に山田川北を「散田丘陵」、南岸を「子安丘陵」と呼ぶようだ。
本稿では緑町分も含め、旧小比企村村域の地名を集めてみた。
小比企の由来はその音が示すとおり「木挽き」であり、林業、炭焼き、農耕が主たる産業であったことを伝える地名である。
上述の通り、今でものどかな風景の残る地ではあるが、緑町分などはすでに街区が形成されており、徐々に風景に変化が出てきているのもまた事実である。
地名にはさして特殊なものはないが、やはり古代の産鉄関係地名とおぼしきものや、かつての炭焼きに由来するものなどが見てとれる。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、謝意を申し添えたい。
「八王子事典(かたくら書店)」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップon the web」

比定不能地名は特にない

※「白旗」の地名解釈を情報提供により加筆しました。



より大きな地図で 小比企町・緑町(八王子市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]