忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
八王子市大塚は多摩市の和田境にあり、さらに南は同じく多摩市の落合境という場所にある。かつては南北を丘陵に挟まれ、幾筋もの谷戸を開墾し農業や養蚕を行う農村であったが、南部はニュータウン区域となり鹿島、松が谷と造成され一大ベットタウンとなり、谷戸や里山の姿は消えてなくなった。北部の一部には懐かしい光景を残す場所もあるが、なかなか今から想像するのは難しい。
地名に目を移すとそれぞれの谷戸に名前を持ち、望地、梶川を始め、日暮などという地名があるなどした。北部丘陵にはかつての産鉄関係地名と思われる湯沢や吹き付けなどの地名があるなど特徴的である。
比定には以下の資料を用いたので、この場で各執筆者に謝意を示したい。
「皇国地誌 大塚村村誌」「八王子事典(かたくら書店)」「新八王子市史民俗調査報告書第2集八王子東部地域由木の民俗」「多摩ニュータウンの歴史さんぽ道(多摩市文化振興財団)」「大栗川・乞田川(小林宏一)」「国土変遷アーカイブ」「今昔マップon web」「八王子公園図録」「東京都耐震ポータルサイト」「大塚村絵図」
比定不能の地名は特にない。

追記
村絵図の発見等により地租改正前の小字についても判明し、また比定箇所の誤りも修正できたため、大幅な修正を行った。


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]