忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市都筑区の北山田、西山田、東山田の一帯はそもそもは山田村という山深い地の村であった。
これが、中川村の大字になり、その後字名の統合で小字が北、西、東、南に纏められ、現在の各地区名の元になっている。
字の統合が行われる前の地名は非常に特色豊かであり、これらの多くが現在もバス停名、交差点名や公園名として残されているのは素晴らしいことである。
平地があまりない、山深い地であったことからそれらの地名のほとんどには「谷(やと)」の文字が付いている。
襞状に切れ込む谷戸を様々な生活の場所として位置づけていたことが見てとれるものであり、地形地名の他に講の信仰を元にする信仰地名が多いことも特徴だろう。
現在でも山田富士公園となって保存されている小山も、富士講という信仰に由来するもので、付近の小さな谷戸は富士谷と言ったようだし、東の方には二十三夜という地名も見られる。これも月待ち講による地名である。
またやや難読と思われる地名に「松崎(まんざき)」や「芝生(しぼう)」があり、尻無の転訛地名の「神無」や同じ文字を用いる「神無谷(こむやと)」なども特徴的なものになっている。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、感謝とともに紹介したい。
「都筑の民俗(港北ニュータウン郷土誌編纂委員会)」「今昔マップon the web」「マピオン」「歴史と素敵なおつきあい」

比定不能地名は以下の通り
・日影谷
・裏谷
・羽場根
・長瀬山
・鎌田屋敷




より大きな地図で 山田(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]