忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178
横浜市旭区白根町はかつて下白根村と呼ばれた村であった。この名を白根町に改め、上白根町から分離した区域に合わさるように一部地域を分離して中白根を新たに独立させた。
下白根から白根に改めた経緯はおそらく単純に「しも」を嫌っただけではないかなと思う。
なお、前項では触れなかったが「白根」という地名の由来について城根の転訛として城郭地名であろうとするものがあるようだ。
当地も基本的には山間の僻地であったようで、山の名、谷戸名、講中名などが多く見られる。その中で特筆しておくべきものは、おそらく隣町へ続く「金草澤」の地名と「鍛冶久保」だろう。これらはそれぞれ産鉄製鉄地名であり、おそらく「金草澤」は製鉄の際に出る「金屎」の転訛であろうし。鍛冶久保も鍛冶職人に繋がる製鉄地名であり、金草澤については相当に古い時代から続く地名ではないかと思う。
なお、旧下白根町のうち白根町は住居表示未実施、分離した中白根は住居表示実施済みとなっている。

地名の比定と拾い上げには以下の資料を用いた
都岡村全畧圖、横浜三千分一地形図、今昔マップon the web、新編武蔵国風土記稿、横浜じゃん旅行社 散歩の閑人

比定婦の地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]