忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
神奈川県横浜市泉区下飯田町は上飯田町と同じく、その南に続く境川沿いの町域を持つ地区である。
風景、地名ともに上飯田町のそれと変わらず、境川沿いの低地と、和泉町側の丘陵上に大きく分かれる。
この地区も住居表示は未実施であり、字はすべて現役のもの。また河川改修関係で変化した部分以外は村時代からその区域もほとんど変わりがない。
丘陵上に刻まれた谷戸の一部は埋められ、山の一部は切り崩されて宅地化されたと入っても、町域北のや土地も残されているし、旧集落の多くも昔のままの姿を残している。
また境川沿いはかつては一面の田であったが、耕地となって今も多くの緑を残している。
地名特徴も上飯田町と変わらないが、田のそれぞれに細かく字があり、細かな地形特徴も読み取ることが出来るのは大変面白い。
また東泉寺を中心とした坊地名の多さも興味深く、ある意味では寺への信仰の厚さを感じる地名傾向であるように思う。
また字とは別に、町域に3つの講中地区名があり、これらは現在も生活に用いられる重要な呼び名になっている点も、上飯田町と同じである。

地名の拾い上げと比定は以下の資料を活用した。
「中和田郷土誌」「横浜三千分一地形図」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「今昔マップon the web」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]