忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
神奈川県横浜市港北区日吉本町は現在全域で住居表示が行われ、日吉駅を中心に開発も進む地であるが、かつては複雑な谷戸地形と南部の湿地帯によって構成される農村であった。
また、現在は日吉本町の名であるが、元々は駒林村と言う名であったことも忘れてはならない。更に言えばこの村は上駒林村、中駒林村、下駒林村に分かれていたようだ。
駒の名前は馬に関係するもので、古く牧があった場所なのではないかとも言う。
地名の特徴は北部丘陵地は谷戸名が多く、また修験、寺社に因む地名が多く見られるのが特徴と言えるだろう。かつては修験が住み、多くの堂が構えられていたことが伺える。
また南部はかつては一面池のような底無しの湿地帯であり、鯛ヶ崎と呼ばれる丘は、その池の中にぽつんと浮かぶ島のようだったと伝わっている。
その後水田が開かれたが、これらはいずれも深い湿田、所謂どぶ田であった様で、通称地名の「おこんどぶ」等はこれを強くうかがわせるものとなっている。
今回の比定では旧小名の比定も行ったが、これらの精度は今ひとつのものもあるので、ご注意されたい。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、感謝と共にご紹介したい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「角川地名大辞典」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社散歩の閑人」「wikipedia」「google map」

比定不能地名は以下の通り
・常念坊



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]