忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市港北区大倉山は現在はその名で住居表示を行い、丘陵部は数々の公園によって緑が保たれ、低地部は開発の進んだ地になっている。
かつてはその地形からついた村名「太尾村」と言っていたが、これは大倉山のある丘陵部が古代海岸線がこの辺りまで入っていた頃、尾のように突き出た岬であったことに由来すると言う説があるようだ。
その丘陵部は山上で大曾根と分界しているが、多くの緑を残し、また開発が入っては居るものの、谷戸地形を残している点でも貴重な地となっている。
地名にはさほど多くの特徴はないが、実は大倉山は割に新しい呼称であることには驚かされる。大倉山と呼ばれている山はかつては観音山と言い、旧小字でも山の前の地域を観音前と言っていたことにその名残が見受けられる。
特徴的な地名としては町域の北西に旧字牢尻があった。現在も牢尻公園の名に残っているが、これはお隣大曾根の殿谷に笠原氏が城塁があった頃に、この地に牢が置かれたことに由来すると言う。牢地名は多く、籠の転訛で、地形地名だが、なるほどこの地は籠状の谷戸地であるわけではなく、上記の説の方がしっくりくるようである。

地名の比定には以下の資料を用いたので、感謝と共に。
「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「仮製三千分一地形図」「今昔マップon the web」「新編武蔵国風土記稿」「わがまち港北」「お散歩生活blog」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]