忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
神奈川県横浜市磯子区氷取沢町は開発著しい磯子区にあって、昔の姿、豊富な自然を今も保つ貴重なエリアとなっている。
町域の多くは氷取沢市民の森として保護され、その広大な面積は横浜屈指のものとなっているだけでなく、その施設内の休憩所には古い地名が用いられており、文化風土を大切にしようという姿勢も垣間見ることができる。
氷取沢の地名の由来には諸説あるが、氷を献上したことに由来するとするいわゆる「氷説」と、鎌倉に近く砂鉄の出る当地には鍛冶職人が多くいた事に由来するいわゆる「火説」が有力であるという。
氷説を由来とするなら「氷取沢」は転訛を受けていない地名となるが、火説を採るなら「火取沢」の転訛地名ということに成るわけだが、そのあたりは他の地名にヒントはないものだろうか。
そうすると今は失われてしまった旧小名に「金くそ沢」「袋沢」の地名を見つけることができる。
カナクソとは製鉄の副産物であるスラグのことであり、袋は吹く炉に通じる産鉄製鉄地名だと見ることができよう。
このことから、当ブログでは「火説」を支持するものであるが、鎌倉の鍛冶だけに由来を求めるものではなく、菊池-柴田説の言うところの、俘囚と鉄に遡る説が有力ではないかと思う。
さて地名を見てみると、多くの旧小名が今は比定困難となり、大きな字域の小字が4つだけとなっている。今回はなるべく旧小名の比定にも挑んでは見ているが、なかなか根拠の不明確なものも多く、再考が求められる部分もあるだろう。

比定不能地名は以下の通り

二本松

庚申塚

堂庭

上耕地

長野坂

げんだ坂

経ノ前

上橋戸

矢倉前

星山

地名の比定と拾い上げには以下の資料を用いた
「磯子区土地宝典」「今昔マップon the web」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」「新編武蔵国風土記稿」「横浜三千分の一地形図」


PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]