忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
八王子市寺田町は相原ともほど近く、山間に深く刻まれた谷戸を中心とする地区であった。その景観は里山、沢、谷戸と集落部に耕地の広がる、多摩丘陵の昔の村の姿そのものであったが、近年は霊園開発や、グリーンヒル寺田の造成などでその姿は変わりつつある。
しかし未だに残る谷戸地、沢地、耕地も健在であり、一歩入れば懐かしい風景に出会える場所でもあるのは、今の時代貴重な存在と言えよう。
地名に目を遷すと、江戸期と明治期で命名が変わっているようであり、江戸期の地名が示すのは古代の産鉄地であったのではないかと思わせる「小金沢」や「金山」などがあり、かつ通称地名と思われる「鍛冶谷戸」が鍛冶の存在を強く想起させるものとなっている。
明治期の地名は大変ユニークであり、「子の沢」から始まり「亥走」に至る十二支になぞらえた地名(一部を欠く)を中心に、江戸期のそれより細かく名付けられている。
明治期に新たにつけられた字名はそういった形で、恐らく知行者かなにかがそうとうの洒落者であったのだろうが、やはりこう言った地名は定着はしなかったようで、地元では江戸期の字名が現在でも使われているようだ。
また参考資料として「皇国地誌 寺田村村誌」「新編武蔵国風土記稿」と「八王子事典(かたくら書店)」「寺田の百姓(沢田鶴吉)」を利用したことを併記し、これらの資料書かれた方々に、深い謝意と敬意を表したい。

追加
新たに「寺田の百姓」掲載の江戸期、明治期の全図が手に入ったため、比定を大幅に修正加筆した。

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]