忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
八王子市南大沢は多摩ニュータウンの中核都市として、首都大学東京やアウトレットモールを始め様々な施設が作られ、また南大沢団地を中心にベッドタウンとしての機能を果たすべく、大規模に造成され、今やちょっとした観光スポットにもなる大都会へと変貌した地域である。
しかしこの地はかつては「大澤村」という深い谷戸と里山に覆われた一寒村に過ぎなかったことなど、時を追う毎に知る人の減る一方であろう。
今でもかつての谷戸の痕跡を道の形に見ることが出来、あちらこちらの構造物に昔の地名が残されてはいるが、その意味や由来どころか、都会然としたの町に不釣り合いだとすら思われているのではないかと心配にすらなってしまう。
往古の姿を残す場所はほとんど残っていないが、次代にこの町が、村の頃から語り継いできた名前を残せたらと思い、少ない資料をかき集めて地名を拾い出してみた。
参考資料として以下の資料を利用した。
「やとのさと(まりろう)」「皇国地誌 南大澤村村誌」「八王子事典(かたくら書店)」「東京都耐震ポータルサイト」
比定不能の地名は特にないが「滝沢山」「愛宕山」「天神台」「猿田山」の所在は確証に乏しい。



より大きな地図で 南大沢の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]