忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
稲城市大丸は南多摩駅周辺の再開発なども盛んな地で、いまや稲城市の中心地としての顔を持ち盛んに造成が行われている。
しかし丘陵部の多くの地は米軍のレクリエーション施設となっており、大規模な自然がそのまま残されている。この地はそもそも日本軍の弾薬庫として使われ、その後米軍に接収された経緯を持ち、早くからこの地に住んだものや、耕作をしたものは移動を余儀なくされていたとみられ、地名の記録も比定に揺れが多く、記憶が曖昧になってきているのかもしれない。
米軍用地に関しては、返還の話があり、再三にわたって請求がされているようだが、請求者は稲城市だけで無く、開発業者の名前も見られ、いったん返還されてしまえば一気に開発が進むことは明らかだろう。これだけの多摩丘陵の原風景がそのままになっている地も珍しく、ここが開発されて失われるぐらいなら、いっそ返還されずそのまま米軍用地として、この光景を次代に残してほしいと思ってしまうのは私だけだろうか。同じような経緯を持つ恩田のこどもの国のように、里山と一帯の整備がなされると良いのだろうが、現状の行政のあり方や方向性、市役所に近い稲城の中心部という位置からしても、それは望み薄であろう。
地名に関しても面白いものが多く、特に北部の丘陵には独特の地名が点在していたが、砂採りの歴史、その後の施設建設で根本的に失われてしまったのは、実に惜しい気がしてならない。
歴史を蹂躙するような開発は今すぐやめ、それらと共存でき、かつその土地に愛着の持てるようなあり方へ転換することが、次代への我々の役割なのではないだろうか。
極めていろいろな思いを持ってしまう、この土地の地名の比定には以下の資料を利用した。厚く御礼を申し上げたい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定府の地名は特にない。



より大きな地図で 大丸の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
[05/25 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]