忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63
稲城市東長沼は多摩川中州から南の丘陵部までの非常に細長い村域に、大丸、百村と複雑な境界をなす飛び地とで構成される農村であった。
現在も耕地も多く残り、懐かしい用水路堀の小径なども残るが、南部の南山は開発によって現在の姿は失われることが決定している。
地名には武士の館のあったことと関係するもの、あるいは古多摩川の作った潟に因むと思われるもの、佳字をあてたもの、そして古代の産鉄地と思われるものなどバラエティ豊かで、この地の歴史の深さを感じることが出来る。
南山の開発は残念の一言だが、今後もその土地が培ってきた人々の歩みをここに記録しておきたい。
地名の拾い上げと比定には以下の資料を用いた。感謝の意を表したい。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定府の地名は特にない。



より大きな地図で 東長沼の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]