忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

稲城市百村は坂浜と並び、非常に原風景の色濃い場所であった。現在も南山地区を中心に、昔の多摩丘陵を追体験できる貴重な場所になっている。
しかし、この地の中心となっていた大きな谷戸「竪谷戸」は尾根幹線の工事で完全に消えてしまい、北部はゴルフ場用地、向陽台の開発が入り、大きく様変わりしたのは残念の極みである。
またずっとそのまま残っていたと言っても良い、南山地区も隣接の矢野口側を完全に開発することが決定し、続々と山が切られ、谷が埋められてしまっている。当地は開発予定区ではないが、大きく変貌していくのは間違いなく、この貴重な姿もいつまで残るのか予断を許さない。
開発は仕方の無いことだが、土地への敬意や愛着もなく、ただ土地が遊んでいるとの印象の下で開発を急ぐ姿は、実に浅ましい。里山、農村の村出身の稲城市は、行政としてもそれを劣等感ではなく、誇りに思って郷土の設計をなしてほしいと切に願うばかりだ。
地名に目を移すと、この地の性質が手に取るようにわかる。砂の多い地で、里山、谷戸、沢に満ちあふれ、山岳信仰も見え隠れする、古い地名が多い。
拾い上げと比定には以下の資料を活用させて頂いたので、ここに謝意を。
「稲城市の地名と旧道(稲城市教育委員会)」「いなぎ歴史探検」「今昔マップon web」
比定不能の地名は特にない。



より大きな地図で 百村の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]