忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123
神奈川県川崎市高津区上作延は古く下作延と一つの郷をなし作延郷と呼ばれていた。その後上下の村に分かれ、現在に至っている。村名の由来については下作延の項で書いたので、ここでは省くが、下作延と違い上作延は現在も住居表示がなされていない為、三つの字名は現役である。
すなわち、北部丘陵部の「北原」、南部台地部の「南原」、中央部の平瀬川沿岸の低地「原間谷」がそれであるが、かなり大雑把な命名の字であり、地租改正の際に多くの古地名がこの字に纏められたものと考えられる。
細かい地名に目を移すとそこには村域の枠を越えた地名、郷の枠を越えた地名がいくつか見いだされ、それは郷の成立より古い地名であることを示唆している。
また産鉄地名や奥羽俘囚の移配地に見られる別所地名があることもこの地を特徴付けていると思われる。
それ以外の地名は地形に由来し谷戸や台地地名が多くを占めている。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用したので、感謝と共に。
「川崎地名辞典」「全国別所地名辞典(柴田弘武)」

比定不能地名は以下の通り
・団子谷・・・村の北にあり
・中谷台・・・村の巽にあり
・毘沙門天王・・・霊園内



より大きな地図で 上作延の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]