忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神奈川県横浜市都筑区大熊町は北の方の一部を仲町台として分離したが、かつては仲町台を含めた細長い村域の大熊村という村であった。
東を新羽、西を東方に接し、間の谷戸を中心にした村域は決して広いわけでは無いが、その中には多くの谷戸や沢が見てとれる。
地名の特徴は地形的なものが多く、特徴的なものは無いが、谷戸の名の多くが字としては残らなかったようだ。
かつての小名としては「薬師谷」「毘沙門谷」「将監谷」などがあったようだが、これらの比定地は新編武蔵風土記稿の言う方向と地形を照らし合わせて行ったので、確証が薄いものになってしまった。
地元では通称として使われているかも知れないが、資料も多くは無く、誤りがあるかも知れない。

地名の拾いあげと比定には以下の資料を活用した。感謝と共に。
「都筑の民俗(港北ニュータウン郷土史編纂委員会)」「今昔マップon the web」「横浜市建築局都市計画課横浜市三千分一地形図」

比定不能地名は特にないが、資料が少ないので情報提供が頂けるとありがたい。



より大きな地図で 大熊(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/12 tanio]
[06/10 伊藤]
[05/24 管理人]
[05/23 伊藤]
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]