忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165
神奈川県横浜市港北区大豆戸町は鳥山川と鶴見川の合流付近東側の、丘陵地と丘陵地の間の低地にある地区である。横浜を代表する難読地名とも言われ、その読みは「まめどちょう」である。
この村名の由来はやはり諸説ある様だが、現在有力なものは元々「真間処(ままど)」と言ったものが転訛し「まめど」になり、豆と言えば大豆を意味することから「大豆戸」と書くようになった言うものである。そもそもの「真間処」は地形を表す地名語で窪地を意味する様だ。
また、大豆の産地であったとか、大豆を奉納していたことを由来とするものもあるが、これらはいまいちしっくりこない。
菊池-柴田説によれば、これも産鉄地名の一種であり、塞戸と同じような意味で、産鉄地、製鉄地を囲ったことの名残とするものもある。
当地は住居表示未実施の為、小字は現役のものとなるが、各地名に目を移すと地形由来の地名が多いように思う。丘陵地には安山や羽黒と言った地形由来のもの、低地部には下土腐など湿田で会ったことを伝えるものがそれだ。
また、旧小名の比定にも挑んでみたが、これらには反町など焼畑地名とおぼしきものも見受けられた。

地名の比定には以下の資料を活用したので、深く感謝を添えてご紹介したい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「角川地名大辞典」「港北百話」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「wikipedia」「google map」「はまれぽ」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
[09/03 管理人]
[09/01 遠藤吉隆]
[09/01 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]