忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166
神奈川県横浜市港北区菊名は新横浜付近の南北に長細い町域を持つ地区である。
新横浜ということもあり、開発の盛んな地域で、当然住居表示済みであることから、各地名はすべて過去のものとなっている。
現在は開発の進んだ菊名であるが、その名のおこりは地形地名であるという。「ククナ」の転訛で有り、谷戸地形を表すものだと言う。
また他の説では「葛名」だったものを菊の咲き誇る地ということで、「菊名」に改めたものだとも言うが、どうもこれは怪しい説である。
地形を見ると、川岸の丘陵地と言うことからやはり前者の方がしっくりくるように思う。
各小地名に目を移すとやはりこれらの地形的特徴が地名となっているものが多いように感じる。まず目に付くのは谷戸地名の多さである。南北に延びる丘陵地に東へ入り込む谷戸が刻まれ、それらには法隆寺谷、原谷などそれぞれの名前がある。
いつの時代か定かで鼻井が、恐らく昭和中期頃に小字の合併があった様で、更に大きな区分の字に纏められた痕跡があるが、今回はそれ以前の資料に恵まれたこともあって比較的多くの地名が拾えた。
また新編武蔵国風土記稿にある旧小名についても比定を行った。

地名の比定には以下の資料を用いたので、出典をご紹介したい。
「仮製三千分一地形図」「港北歴史地名ガイドマップ」「港北百話」「新編武蔵国風土記稿」「今昔マップ on the web」「wikipedia」「google map」「横浜じゃん旅行社 散歩の閑人」

比定不能地名は特にない



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]