忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168
旧神戸上町は保土ヶ谷宿の外縁をなす細い町域を持った地区であった。
現在は新たに区割りされ直した藤塚町、初音ケ丘、桜ヶ丘、月見台、岩井町、霞台などの一部となっており、また開発も多く入っている地区であることから、昔を思い起こすのは難しい。
しかしながら、藤塚町は旧字藤塚、古地名の北谷藤塚から、初音ケ丘も昭和初期にあった旧字初音ヶ岡から、桜ヶ丘は隣の旧保土ヶ谷町の旧字櫻ヶ岡、月見台も同様に旧字月見台などを由来としており、意外にも古い地名が残されているといえるかもしれない。
しかしながら注意しなければいけないのは、初音ヶ岡、雲雀ヶ岡、富士見台、西富士見坂、紅葉坂、月見台という旧字は江戸期の資料には記載がなく、明治期の地租改正、あるいは昭和期に付け直された新しい地名であろうということである。
例えば紅葉坂の地名は隣の旧保土ヶ谷町の旧字紅葉ヶ谷の近くに当たるが、この谷戸はもともと古くは藤谷戸と呼ばれていたようだし、この藤谷戸地名から、富士見坂、富士見台の地名が起きたと考えられることから、比較的古めの瑞祥地名の一種と考えても良いのではないかと思う。

地名の比定と拾い上げには以下の資料を用いたので謝意を添えて。
土地宝典、保土ヶ谷郷土史、今昔マップon the web、保土ヶ谷区神戸町神明社web

元禄8年検地帳記載の地名は以下のとおり。ただし旧神戸下町分も含む
・宮ノ下
・寺坂谷
・横町
・坂ノ下
・榎戸
・北谷
・北谷前坂
・長久保
・赤坂
・天神田
・芝ヶ谷
・宿後
・藤ヶ谷
・市ヶ原
・東屋敷裏古川
・北谷大境
・北谷笹山
・芝谷上
・廣町
・溝添
・東屋敷裏
・向原
・岩ノ谷
・北谷藤塚
・芦谷
・古町
・坂ノ下(2つ記載がある)



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
『谷戸めぐり』管理人様、

はじめまして。突然失礼いたします。

『古城址探訪』という城跡めぐりサイトを運営しております「うじょう」と申します。

はっきりしない城跡を探る際などにも小字は重要でして、いろいろ調べているうちに貴サイトにたどりつきました。

その膨大な調査量に感服するとともに、たいへん参考になりました。

つきましては、貴サイトに拠ったものについては、当サイトにて引用およびリンクをさせていただきたいのですが、許可ねがえますでしょうか。宜しくお願い致します。
うじょう URL 2015/08/27(Thu)22:10:57 編集
引用について
うじょう様

当サイトをご覧頂きありがとうございます。
多摩丘陵の地名をできるだけ記録に残したいという思いで
地味に纏め続けておりますが、城址巡りの参考になったとのこと、
大変嬉しく思っております。
引用についてですが、資料に不正確なところがあるかも知れない前提ですが、
ご自由にお使いいただければと思います。
これからも記事を随時追加してまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
管理人 URL 2015/09/07(Mon)21:54:48 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]