忍者ブログ
谷戸、里山は今や貴重な存在と成っていますが、そもそも多摩の原風景と言えば当にそれでした。 このブログではそんな多摩の原風景をご紹介し、未来にこの素晴らしい風景を伝える一助と成ればと思って開設しました。 また記録の意味も含めて、宅地化されて失われてしまった谷戸や、人工の谷戸や里山も紹介します。
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80
横浜市都筑区茅ケ崎は現在、茅ケ崎町、茅ケ崎東、茅ケ崎南、茅ケ崎中央に分かれる都筑区の中心的な町として発展繁栄している。この地はかつて茅ヶ崎村という一村からなり多摩丘陵に位置する、里山と谷戸の多い地であった。
また町名の表記もかつては「茅ヶ崎村」とケは小さく書いたようだが、現在は「茅ケ崎」と多く書く事を正式としているとのことなので、記事でもこれに習った書き方をした。
現在のようになる前は字名がいくつか残っており、それぞれの字は明治初期に更に小さな字を合併したものであるが、良い資料に巡り会えたので、今回は明治初期の字の比定も行った。
やはり谷戸名が多く、中でも村域二箇所に「ロクボ」という独特の地名が出てくる。恐らく小さな谷戸地が多く集まった地形故に、それを例え「六久保」と言ったものが転嫁し、音だけが伝わったものだろう。これだけでも如何に山と谷の多い入り組んだ地だったかが分かるが、現在は開発著しく、それらの面影は一部の公園地以外には全く見られない。
地名の拾いあげと比定には以下の資料を用いたので、併せて深く感謝を申し添えたい。
「都筑の民俗(港北ニュータウン郷土史編纂委員会)」「今昔マップ on the web」

比定不能地名は以下の通り
・織部谷
・牢窪谷
・源左衛門里
・中村里(字中村のことか)
・アラ里(旧字アラ谷のことか)
・アヲハ

※一部勝田の地名が混ざっていたのを修正しました。




より大きな地図で 茅ケ崎(横浜市)の地名 を表示
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/15 管理人]
[12/05 なめこうに]
[11/30 管理人]
[09/28 なめこうに]
[09/25 管理人]
[09/18 ふなはし]
[09/07 管理人]
[08/27 うじょう]
[04/02 管理人]
[03/03 杉山]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ベリリウム榊
性別:
男性
自己紹介:
音楽系の仕事の傍ら、多摩の原風景を求めて
歩き回っています。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]